女性の臨床検査技師のキャリアパス・結婚後の生活

女性の臨床検査技師の現状

現在、病院に勤務している臨床検査技師では、男性よりも女性のほうが多く見られます。

特に心電図や胸部エコーなど上半身の脱衣が必要な生理検査は、女性患者さんのプライバシーなどを考慮し、女性技師が担当する場面が多くあります。

しかし、男性の臨床検査技師が不利というわけではなく、微生物検査や病理検査室での細胞診などは比較的男性技師が多い状況です。

また、体の大きな患者さんで病気の影響などにより動けないといった場面では、力のある男性技師が活躍します。

男性・女性に関わらず、それぞれの個性を活かしあいながら仕事をするのが臨床検査技師であるといえるでしょう。

女性の臨床検査技師の強み・弱み

先述したとおり脱衣が必要な検査においては、女性技師が担当することにより検査を受ける女性に配慮することができます。

また、小さな子供の検査などでは、結婚して子供のいる女性技師が担当することで、検査への不安を上手に和らげるきっかけにもなりうることは女性技師の強みであるといえます。

ただ、女性の臨床検査技師の場合どうしても力の必要な場面では1人で仕事をこなすことが難しく、男性技師に頼らなければならない場面もあります。

女性検査技師は女性患者さんや子供の患者さんも安心して検査を受けやすい反面、腕力が必要な場面では対応が難しいことが弱みといえるでしょう。

結婚後の働き方

昨今では共働き夫婦のほうが多い現状であることや、臨床検査技師の正職員の募集が少ないことなどから、結婚後も仕事を続ける女性が多数です。

とくに正職員の場合、再就職で正職員になることが困難であることから、結婚後も変わらず勤務を続ける女性のほうが多いのが現状です。

配偶者の経済状況によっては、配偶者の扶養に入り、パート勤務に切り換える女性技師もいます。

子育てしながら働ける?

臨床検査技師は看護師などと比べると夜勤当直も少なく、残業の多い職種ではないため、子育てをしながら正職員で働く臨床検査技師も多くいます。

配偶者の勤務形態にもよりますが、子供がまだ小さなうちは時短勤務を利用したり、夜勤当直を免除してもらったりして、子育てと両立するのもよいでしょう。

また、子育てをしながらパート勤務をして、日中働ける時間だけ勤務する臨床検査技師もいます。

最近では臨床検査技師専門の派遣会社に登録し、健康診断など単発の仕事のみを行うといった働き方をする臨床検査技師もおり、子育て中の働き方に多様性が出てきています。

自分や家族のライフプランに合わせ、どのように働いていくのかを長い目で見据え、行動していくことが大切です。

臨床検査技師は一生働ける仕事?

臨床検査技師は、日進月歩の医療についてきちんと学び続けることができれば、女性でも定年まで働ける職業です。

また臨床検査技師となる過程で身に着けた保健学の知識は、患者さんだけでなく自分自身や家族の健康を維持するためにも有用です。

どこかに属して収入を得るという意味であれば、臨床検査技師はチーム医療の中で力を発揮する仕事であるため定年退職後に働くのは困難といえます。

さまざまな形態で働く人が増えているため、臨床検査技師として定年退職後は資格と経験をいかした新たな働き方を見つけることができれば、一生働き続けることも不可能ではありません。