臨床検査技師になるには

臨床検査技師になるには

中高生から臨床検査技師を目指す場合、まず臨床検査技師の養成課程のある学校を目指します。

臨床検査の養成課程がある学校には短大(3年制)、専門学校(3年制)、大学(4年制)があり、そこで所定の課程を修了すると受験資格を得ることができます。

臨床検査技師の養成課程を修了し、さらに臨床検査技師国家試験に合格して臨床検査技師の国家資格を得ることが必要です。

臨床検査技師の資格・難易度

臨床検査技師として業務を行う場合、必ず「臨床検査技師」の国家資格が必要です。

200点の筆記試験で、120点以上の正答で合格となり、例年の合格率は全体で70%前後となっています。

難易度としては、養成学校での授業をしっかり学び、国家試験対策をしておけば特別難しいものではありません。

ただし、新卒者のみの合格率は例年80%以上の場合がほとんどであることに対し、既卒者の合格率は30%未満にまで落ち込みます。

理由はさまざまにありますが、

・一緒に勉強する仲間がいなくなる
・卒業後、大学に通うことがなくなるため先生に質問しにくい
・国家試験までのつなぎで始めた仕事が忙しく、勉強時間が取れない

などの理由が挙げられ、国家試験の受験自体を諦めてしまう人も少なくありません。

学校で積み上げた数年間を無駄にしないためにも、ぜひ一回目の試験で合格できるよう努力しましょう。

臨床検査技師国家試験の難易度、合格率

臨床検査技師になるための学校の種類

学校には大きく分けて大学、短期大学、専門学校が全国に開設されています。

大学は四年制で国立、公立、私立があり、学費は国公立と私立で多少差があります。

国公立なら4年間で250〜300万円程度、私立では500〜600万円程度は必要となります。

3年制の短大や専門学校では300~400万前後の学費がかかります。

受験の際に重視される科目としては、英語・数学・化学・物理・生物など、どちらかというと理系科目を重視されます。

また、専門学校にせよ短大・大学にせよ、高卒以上の学歴が必要です。

臨床検査技師になるための学校の種類(大学、短期大学、専門学校、通信、夜間)

臨床検査技師に向いている人

臨床検査技師に向いている資質にはいろいろなものがありますが、ここではそのうちの代表的なものをあげてみましょう。

知的好奇心が旺盛

医学の世界は日々進歩しており、医療従事者には常に勉強することが求められます。

就職後も、業務終了後や休日に勉強会へ参加したり、学会に所属して研究発表を行うこともあります。

そのため臨床検査の世界に関心があることが大前提であり、探究心や好奇心を持って学び続ける姿勢が必要です。

几帳面で手先が器用

臨床検査では機械化が進んでいるとはいえ、病理標本や血液標本の作製、ピペット操作など、手技が必要とされる部分も多々あります。

また標本の作製や染色などでは分単位での作業が求められ、簡易検査キットを使用する際も検体の取違いなどは絶対に許されません。

そのようなことから、丁寧に作業を進めようとする人、几帳面な人、できれば手先の器用な人のほうが業務に向いているといえます。

ほんの少しのミスで人の命を左右する可能性があるため、仕事に責任を持ち、正確に物事を進める気持ちが大切です。

自分の意見を言える

検査の中には直接患者さんと接する検査(生理検査)とそうでない検査(検体検査)があります。

検体検査を行う場合や検査センターに勤務する場合は患者さんと接することはありませんが、他のスタッフとのコミュニケーションは不可欠です。

コミュニケーション不足がミスにつながることもあり得るからです。

話すのがあまり得意でなくても、伝えるべきことをきちんと伝えるという姿勢は大事にしなくてはなりません。

とくに直接患者さんと接する検査に携わる場合、患者さん一人ひとりの立場を思ってコミュニケーションを取れる人が向いているでしょう。

臨床検査技師に向いている人、適性

臨床検査技師のキャリアプラン・キャリアパス

臨床検査技師として社会に出たあと、医療機関や検査センターなどのほか、企業に就職する人もいます。

どのような場所に就職しても、まず大切なのは一人前に仕事をこなせるようになることです。

業務に余裕が出てきたら、所属する学会でさまざまな研究を聴講したり、自ら発表したりなどしてさらに知識を深め、新たな発見をしたりします。

とくに大学病院などでは学会での研究発表の有無や、発表した論文の本数が昇進に関わることもあります。

そして知識や手技を磨き、一定の検査経験を積んだあとは、それを活かしてさまざまな上位資格を取得する検査技師が多くいます。

また近年は、専門学校を卒業後に大学の3年次へ編入して「学士」の称号を得たり、大学院に進学してあらゆる分野の研究を行う人も増えています。

臨床検査技師を目指せる年齢は?

臨床検査技師の国家試験には年齢制限はありません。

しかし、臨床検査技師の業務は国家試験に合格し、勤務を始めて少しずつ身につくことも多くあります。

任期制の募集が多い職種のため転職は珍しくありませんが、年齢が高いぶん相応の経験や実力が伴わないと採用されにくいことも考えられます。

また、昨今は機械でできることも増加しているため臨床検査技師の募集は減少しており、そのような点からもあまり高齢になってから臨床検査技師を目指すのは難しいといえます。

もっと正確にいうならば、臨床検査技師の国家資格は得られても活用できる場があるか分かりません。

臨床検査技師は高卒から目指せる?

臨床検査技師を養成する学校は高校卒業以上の学歴が必要です。

難しい大学になると、一浪・二浪して入学する人もいるので、高卒からブランクがあっても、勉強に励んで養成学校に進むこともできます。

1〜2歳差の同期はたいして珍しくもありませんので、興味が沸いたら早めに学校を調べたり、試験科目の勉強を始めましょう。

卒業した高校に進路相談部があれば、利用するのもよいでしょう。