臨床検査技師の勤務時間、休日

勤務体系の種類

入院施設などのない病院で働く臨床検査技師の場合、勤務体制は日勤で動いていることがほとんどです。

しかし救急病院に指定されているような大きな病院では、臨床検査技師も24時間体制で臨んでおり、そのような場合は夜勤が入る病院もあります。

実際には在籍している臨床検査技師の人数によって月ごとの日勤や夜勤の日が割り振られますが、夜勤当直のある病院でも1日に割り振られる夜勤の人数は数名です。

また、よほどのことがなければ休日勤務は発生しませんが、突発的に時間外勤務が発生することは大きな病院ではよくあります。

予約制を採用している病院でも、診療時間終了後に患者さんが待っていることがあります。

そういった場合には当然、検査に回される検体も遅れてくるので、そのぶん残業が発生してしまうことになります。

臨床検査技師の勤務時間

全体的な臨床検査技師の勤務時間は、およそ8~9時間と、定時とあまり変わらないことが多いようです。

ただし、大きな病院に勤務する臨床検査技師の勤務時間は、通常の企業などに比べて業務開始時間が早くなりがちです。

検査に使用する機器の立ち上げやその日の患者さんと検査内容の把握、試薬の準備などのため、診察開始時間より1時間程度早く出勤します。

外来のみの病院やクリニックに勤める場合はそこまで準備に時間はかからず、大病院と比較すると遅めの出勤となりますが、どのような患者さんが来るか分からないため臨機応変さが必要です。

また、突発的に緊急検査を実施しなければならない状況もあり、全く残業がないわけではありません。

臨床検査技師も、他の医療職に劣らず医療において重要な立場を持っているのです。

臨床検査技師の休日

外来のみのクリニックに勤務している正職員の場合、休診日は休みですが、入院施設がある場合は昼夜問わず検査が必要になる可能性もあるのでローテーションで日直・当直があります。

有給休暇・長期休暇に関しては他の職種と変わらず、既定の日数分の有給休暇が与えられます。

産休・育休は、正職員のみ申請することができ、非正規職員・臨時職員の場合は退職というかたちになることがほとんどです。

育児休暇は通常「子どもが1歳の誕生日を迎える前日まで」と規定されている場合が多いようです。

臨床検査技師の残業

病院に勤務する臨床検査技師の場合、診察終了間際に急きょ検査が必要な患者さんが来た場合は時間に関わらず検査を行うため、時おり残業をすることもあります。

しかし大抵の場合は、改めて精密検査の予約を取ってもらうため、残業はさほど多くはないといえます。

また、業務後に各種検査の勉強会を開くこともありますが、残業扱いにはならないことがほとんどです。

健診センターに勤務する臨床検査技師は、企業で健康診断がおこなわれる時期は激務となり、連日遅くまで残業することもままあります。

ただし、時期が予測できるため休日などのスケジュールは調整しやすい状況になっています。

また治験コーディネーター移植コーディネーターとして働く臨床検査技師は、毎回違う医療機関に行くため、自宅から遠い場所での仕事になると必然的に帰宅時間は遅くなります。

さらに、移植コーディネーターは迅速に動かなければならず、いつ仕事が入るかも分からないため「連絡が来たときが勤務時間」といった状態です。

移植手術が無事に終わるまではほとんど家に帰らないこともあるため、フットワークの軽い人には適した労働環境ともいえます。

臨床検査技師の激務度はどれくらい?

臨床検査技師は、看護師医師などに比べるとはるかに激務度の低い職種であるといえるでしょう。

基本的に日勤で、救急救命部や入院施設がある病院でも、勤務する検査技師の人数にもよりますが夜勤当直は月に多くて数回程度です。

残業も基本的にはあまりなく、病院勤務の場合は土曜午前に勤務する必要があるくらいで、基本的には落ち着いて仕事をこなすことができる余裕のある職種です。

しかし大学病院など外来患者数の多い病院の場合、午前中の診察前検査のために採血室や生理検査室が混雑し、ひたすら実務をこなしていたら昼休憩の時間だった、という場合もあります。

また、病院によっては一年に発表する論文の最低本数が決まっていることもあり、そのような病院では研究や執筆のため残業することもないとはいえません。

臨床検査技師の休日の過ごし方

臨床検査学の分野では日進月歩で新しい検査機器などが開発されていますが、人間の体内組成が変化するわけではないので正しい知識を学ぶことは常に必要です。

そのため検査部内で勉強会を開くこともありますが、大体が業務終了後に行われるため、休日に集まることはあまりありません。

ただし加入している学会が土日開催の場合は休日でも参加しなければならないこともあります。

また、学会誌などで発表する論文の執筆や研究のために休日を費やすこともあります。

昨今では臨床検査技師の専門化が進んできており、上位の認定資格取得のための勉強や、専門知識を磨きつづけることが求められ、そのために休日を費やす臨床検査技師も少なくありません。

臨床検査技師の1日