臨床検査技師になるための学校の種類(大学、短期大学、専門学校、通信、夜間)

臨床検査技師になるための学校の種類

臨床検査技師になるには、四年制大学か短期大学、もしくは専門学校に通い、所定の教育課程を修める必要があります。

最近の傾向としては短期大学が廃止されたり、四年制大学に移行している学校も増えており、四年制大学か専門学校のどちらかの選択となることが多いようです。

四年制大学に行く場合

四年制大学の場合、国家試験まで4年間ほど学習の時間があり、余裕を持って国家試験へ備えることができるほか、希望すれば大学院進学も視野に入れられるのが特徴です。

ただし、4年間あるからといって中だるみしない姿勢を維持しなければ、国家試験を受ける際に試験対策が間に合わなくなってしまうことも考えられます。

また、短期大学・専門学校よりも臨床に出るのが1年ほど遅くなりますが、学術的にしっかりと学びたい人には4年制大学がよいでしょう。

さらに職場によっては初任給が高くなったり、昇進や給与体系が異なるケースもあるようです。

短期大学・専門学校に行く場合

短期大学もしくは専門学校の場合、3年間で国家試験対策をしなければならないため、勉強のスケジュールを上手く組み立てる必要があります。

臨床には大卒の臨床検査技師よりも1年ほど先に出られるため、実践的な経験をより早く積むことができます。

また専門学校は臨床検査の実習に重点を置いているので、実践的な学び方ができ、即戦力が身につきます。

ただし、大学院に行きたいといった希望が出てきたとき、大学編入というかたちで必要な単位を修了しなければいけないため、必然的に大学院卒業時の年齢は高くなります。

臨床検査技師になるための大学

臨床検査技師になるための大学進学にかかる学費は、4年間で国公立大学が250~300万円、私立大学が500~600万円の場合が多いです。

臨床検査技師の国家試験を受けるために必要な養成課程のほか、卒業研究などで研究室のお世話になることもあり、そこから研究の分野に興味を持って、大学院へ進む人もいます。

また、大学の中には「教育者を教育すること」を目指している大学もあり、卒業すると短期大学・専門学校の講師として働くこともできます。

臨床検査技師になるための短期大学・専門学校

臨床検査技師になるための短期大学または専門学校に進学する場合の学費は、3年間で約350~500万円となっています。

臨床検査技師になるためには最低でも3年間通学することが必要なので、短期大学でも専門学校でも通う年数は3年間です。

国家試験に合格さえすれば最短で国家資格を得ることができ、早く臨床で経験を積むことができるため、臨床検査技師として現場で働きたい人にはよい選択といえます。

実習も実践的な内容を多く盛り込んでおり、就職活動への支援も積極的に行っている学校が多くあるので即戦力として活躍が期待できます。

夜間部・通信部はある?

四年制大学の場合は夜間部はありませんが、専門学校では夜間部を設立している学校もあります。

夜間部の場合、1日に学習できる時間が限られているため4年間の通学が必要ですが、働きながら国家資格を狙うこともできるのがよいところです。

ただし、専門性が高く範囲も広い課程であり、実習も含まれるため、昼間は働いて夜に勉強するというスタイルはかなり厳しいことを認識しておく必要があります。

夜間部の学費は学校にもよりますが、4年間でおよそ300万円前後かかります。

また、養成課程において実習を行う必要があるため、通信制教育で臨床検査技師になることはできません。

独学で臨床検査技師になれる?

臨床検査技師は、所定の教育機関において3年ないし4年間かけて、一定の養成課程を修了しなければ国家試験の受験資格を得ることができません。

そのため、独学で臨床検査技師になることはできず、必ず所定の養成課程を設けている大学か短大、専門学校に通う必要があります。