臨床検査技師の需要・現状と将来性

臨床検査技師の現状

「チーム医療」の考え方が進むなか、臨床検査技師は「検査」の専門知識や技術を持つ存在として医療現場で重要視されています。

しかし現在では検査機器やキットが飛躍的に発達していることから、医療機関における臨床検査技師の業務範囲は格段に狭まっており、採用人数も減少傾向にあります。

また、育児がひと段落した元臨床検査技師の女性を臨時職員として採用するなどして人件費を抑えるケースもあります。

そのような中でも、生理検査や細胞診など個人差のある検査・良性と悪性の境界線があいまいな検査には、やはり臨床検査技師の技術が必要です。

今後も臨床検査技師として病院勤務を続ける場合、そのような「人の手や目を必要とする」検査を担当し、臨床に当たる中で技量を高めていける人材であることが求められます。

臨床検査技師の需要

簡易化できる検査はとことん簡易化される一方、人にしかできない検査においては高い専門性を持つ臨床検査技師が求められるようになっています。

上述のように、人の手や目によってしかできない検査においてはいまだに臨床検査技師が求められており、経験や技術が高ければ高いほど需要は高くなります。

そのため、臨床検査技師の上位資格である「細胞診断士」や「超音波検査士」などの資格を所持することにより、通常より高い需要が見込めます。

また臨床検査技師の国家資格を必要とする職種として、移植コーディネーター治験コーディネーターなどが挙げられます。

人によってはそのような新たな分野で国家資格を活かして働き、臓器移植や新薬開発などに貢献していく人もいます。

臨床検査技師の将来性

臨床検査技師は医療系国家資格が必要とされる専門職ではありますが、「国家資格を取ったから一生安泰」とはいかなくなっているのが現状です。

実際、厳しい状況にも前向きに立ち向かっていくために、上位の認定資格や「診療放射線技師」「医療情報技師」などの関連資格を取得して強みを持とうとする人も増加しています。

また昨今では、動物の検体検査や実験動物の臨床検査に力を入れている検査センターが増加しています。

動物の臨床検査の場合は必ずしも臨床検査技師の資格が必須ではありませんが、資格の所持や該当する検査の経験があると歓迎されます。

このような動物に関する臨床検査の分野においてはいまだ未知の可能性が広がっており、臨床検査技師としての活躍の場を広げるものと考えられます。

臨床検査技師の今後の活躍の場

以前は臨床検査技師の勤務先として主に医療機関が挙げられましたが、検査が簡易化するとともに医療機関の検査室は縮小し、外注検査機関のニーズが高まりを見せるものと予想されます。

外注検査では、検体検査でも特異性が高く検査する頻度の低い物質の定量などを行うため、ここでも高い専門性を求められます。

医療機関においては緊急検査に対応できる最低限の人材が日中は生理検査や病理検査などに携わったり、パートや任期制の臨時職員を積極的に採用していくでしょう。

どちらにせよ、臨床検査技師にはより細分化・専門化した知識や技術が求められていきそうです。

また、資格を活かして医療機関以外の場で活躍する臨床検査技師が増加しており、今後もさらに増加の兆しを見せています。