理学療法士の志望動機・面接について

志望動機の例

理学療法士の志望動機として多いものは、「リハビリテーションの仕事に興味がある」「医療チームの一員として、困っている人を助けたい」といった内容です。

なかには、自分自身が理学療法士のリハビリを受けて救われたり、家族が理学療法士にお世話になる姿を見たりして、自分もそのような仕事に就きたいと思った人もいます。

志望動機は「こうでなくてはならない」ということはありません。

なぜ、この仕事に就きたいと思うのか。その素直な気持ちを大切にして、志望動機として話せるように考えてみましょう。

面接が合否を大きく左右することも

理学療法士の採用では、面接の結果が合否を大きく左右しがちです。

というのも、この仕事では、養成学校を出て国家試験を取得することが前提となっているため、どの志望者も必要な知識や技術はある程度備えているものとみなされるからです。

だからこそ、その人の「人間性」や「仕事に対する熱意・意欲」を見る場として面接が用意されており、そこでどれだけしっかりと思いを伝えられるかが、他の志望者との差になります。

面接で大切なのは、社会的に正しい解答を心がけるというよりも、自分の素直な気持ちをわかりやすく話すことです。

「なぜ理学療法士になりたいと思ったのか」「理学療法士として何をしていきたいのか」ということを、自分の言葉で話すことが重要です。

大規模な病院や施設を受ける場合

規模の大きな病院や施設では、理学療法士の採用人数も多めに設定されていることが多々あります。

その場合、面接はグループで行なわれることもあり、どうしても他の受験者と志望動機が被ってしまいがちです。

そこで相手に響く内容にするには、自分の実体験や感じたことを織り交ぜながら、話をすることです。

意見を大きく変える必要はなく、ちょっとしたアクセントをつけるだけで相手が受ける印象は大きく変ってきます。

また、募集人員が多いときには、志望先に対しての強い熱意がキーポイントになることも少なくありません。

たくさんの病院や施設があるなかで、なぜそこがよいのか。どのような経験を積んでいきたいのかについて、自分が思う内容を具体的に言葉にしていくとよいでしょう。

そのためには、もちろん、志望先の特徴や運営方針などについて事前の研究しておくことが重要です。

仕事体験談