プログラマーの種類や分野にはどんなものがある?

プログラマーの種類や分野はさまざま

プログラマーといえば、「IT業界でシステム開発に携わる人」というイメージを持つ方は多いでしょう。

しかしIT業界といっても、対象となるシステムにはさまざまな種類があります。

加えてゲーム会社や家電メーカーなど、他の業種で働く方もいます。

このようにプログラマーは業務や対象とするシステムにより、複数の種類に分けることができます。

本記事では7種類に分け、概要を解説します。

それぞれ求められるスキルは異なりますから、どの種類を選ぶかにより就職先も変わってきます。

プログラマーを目指す場合はどの分野で活躍したいか、あらかじめ考えておくことが重要です。

Web系のプログラマー

Web系のプログラマーは、主にインターネット上で使われるシステムの開発に携わります。

需要が大きく、エンジニアの求人数も多いことが特徴です。

職場で活躍するには、以下のように幅広いスキルが求められます。

・クライアント側(フロントエンド)に関する言語(HTML、CSS、JavaScriptなど)
・サーバー側(バックエンド)に関する言語(PHP、Java、Ruby、Pythonなど)
・データベース(OracleやMySQL、MariaDBなど)およびOSに関するスキル

Web系のプログラマーはさらに、PC向けとスマートフォン向けのシステムに分けられます。

Webプログラマーの仕事

PC向けのプログラマー

PC向けのプログラマーは、一般市民向け、法人向けともに、以下のとおり幅広いシステムに携わる可能性があります。

・ブログサービス
・ショッピングサイト
・求人サイト
・オークションサイト
・業務システム(商品管理システム、公共業務受発注システムなど)

またクラウドサービスを利用する際に、搭載されていない機能を外付けするシステム(アドオン)開発を行う場合もあります。

スマートフォン向けシステムのプログラマー

Web系のシステムは一般市民向けを中心に、スマートフォン向けサイトやアプリで多く利用されています。

以下のとおり、PC向けシステムと異なる特徴があります。

・画面が小さい
・画面にタッチしての操作が基本
・アプリの種類がPC版と異なる

そのため、上記の特徴を踏まえた開発が必要です。

業務系のプログラマー

企業では業種により、以下のようにさまざまなシステムが使われています。

・人事、会計など、バックオフィスに関する業務
・販売管理
・製造管理
・物流や在庫管理
・営業管理や顧客管理
・運行管理(鉄道会社など)

それぞれ用途は異なりますが、いずれも正確さが重要です。

また運行管理システムなど用途によっては止められない場合もあり、システム二重化などへの対応が求められる場合もあります。

金融系のプログラマー

金融系のプログラマーは、銀行や証券会社などで使用するシステムの開発に携わります。

以下のシステムが一例にあげられます。

・勘定系システム
・為替システム
・証券システム

金融系システムの特徴として、一般市民や企業が大切にする「お金」に直接関わることがあげられます。

このため1円たりとも相違のない正確さが必須であるとともに、処理のスピードも求められます。

特に為替や株、FX取引などは1秒の違いが取引価格に影響を及ぼすことも少なくないため、正確かつ迅速な処理が必要です。

金融系のプログラマーはIT企業以外に、銀行や証券会社系列のシステム会社で働く場合もあります。

通信系のプログラマー

通信系のプログラマーは、コンピュータやネットワーク間でデータを送受信するプログラムの開発に携わります。

以下のシステムが一例にあげられます。

・ネットワーク機器の開発
・テレビ会議
・テレビやラジオ、音楽などの配信
・料金計算や課金システム

通信においては極力リアルタイムであることなど、スピードの重視が求められます。

またネットワークを介した通信ではときに情報が一部欠落する場合がありますが、これを再送信すべきかどうかはシステムにより異なります。

たとえば動画配信の場合は、欠落した情報でも再送せずにスピードを落とさないことが重要です。

このように通信系のプログラマーは目的に応じて、正確さとスピードのバランスを考えることが求められます。

組み込み系や制御系のプログラマー

組み込み系や制御系のプログラマーは、家電や自動車、機械などに組み込まれ、動作するプログラムを開発します。

複雑な動作を実現する上では欠かせないため、注目されている職種の1つです。

プログラマーが所属する企業はIT企業の場合と、家電や自動車、機械メーカーで働く場合があります。

完成後は不具合があってもプログラムの書き換えが簡単ではないため、極力不具合を出さない取り組みが求められます。

また近年ではIoTに対応した家電など、インターネットに接続可能な機器も出ています。

そのため、ネットワークやセキュリティへの知識や配慮も必要です。

ゲームプログラマー

ゲームプログラマーは、家庭用ゲームやスマートフォンを使ったゲームなどの開発が仕事です。

プログラマーの需要は高く、IT企業やゲームメーカー、ゲーム制作会社などで募集されています。

ユーザーは課金してプレイする方も多いため不具合が許されないこと、また操作に対して敏捷性のある動きが求められることが特徴です。

加えてゲームは深夜・早朝や休日に利用する方が多いため、このような時間帯の不具合対応を求められる場合もあります。

大変な仕事ですが、そのぶんやりがいも感じられることでしょう。

ゲームプログラマーの仕事

パッケージソフトのプログラマー

パッケージソフトは、PCにインストールして利用するソフトウェアを指します。

身近なところでは、パソコンにインストールされているWindowsがあげられます。

これらはWeb系のシステムとは異なり、以下の特徴があります。

・インターネットに接続しなくても使える
・定期的なバージョンアップが必要

またパッケージソフトは特定の企業向けではなく、多数の方や企業で使われることが特徴です。

そのため開発においては、多くの方の課題解決に役立つことを念頭に置いて進める姿勢が求められます。