「セキュリティエンジニア」とは

セキュリティエンジニア_画像

情報セキュリティの専門知識を生かしたシステムの設計・構築・運用に携わるIT技術者。

セキュリティエンジニアとはIT技術者の一種で、情報セキュリティについて高い専門性を持ち、セキュリティに配慮したシステムの設計、構築、運用を担う仕事です。

クライアントとなる企業に必要とされるセキュリティシステムを検討し、それを形にしていくために使用する機器や運用形態、ネットワークを考慮して設計、実装を行います。

未経験者がいきなりセキュリティエンジニアになるケースはまれで、まずはシステムやサーバー周りのエンジニアとして経験を積み、さらに資格取得なども目指してキャリアアップしていくのが一般的です。

情報面のセキュリティについては、いまやあらゆる企業において見過ごせない重要課題となっており、セキュリティエンジニアの需要は大きくなっています。

この仕事に就いて上流工程にも携わるようになったり、コンサルティングまで行えるスキルを身につければ、年収1000万円以上の収入を手にすることも可能になってきます。

「セキュリティエンジニア」の仕事紹介

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティの専門家

セキュリティエンジニアとはその名の通り、情報セキュリティについて高い専門性を持ち、セキュリティに配慮したシステムの設計、構築、運用を担うエンジニアのことを指します。

仕事の流れとしては、まずクライアントからの聞き取り内容を踏まえ必要なセキュリティシステムの企画。提案を行います。

次に、使用する機器や運用形態、ネットワークを考慮し設計、実装。

さらにシステムの脆弱性を発見するためのテストと対策の施工を行った後、日々の運用・保守、といった形になります。

運用・保守の段階では、システムの脆弱性を突かれ不正アクセスなどの被害を受けてしまった場合の事故対応も求められます。

いずれの局面でもセキュリティに対する深い知識が求められます。

セキュリティエンジニアの就職先・活躍の場

需要は幅広い業種にある

ほとんどの方はこれまでに、企業の情報流出のニュースを見たことがあるのではないでしょうか。

ほぼ全ての企業や行政が組織内にシステムを持ち、秘匿性の高い情報を扱う現代において、企業や行政はその価値ある情報を盗み出そうとする不正アクセスに対し日々対策に当たらなければなりません。

ひとたび情報流出が起こってしまえばその組織の信用は大きく失墜してしまいますので、セキュリティエンジニアへの需要は幅広い業種において常に一定してあります。

セキュリティエンジニアの1日

脆弱性の診断と打ち合わせ

8:30 出社
メールチェックや資料の確認を行います。

9:00 ミーティング
部署内でスケジュールなどを確認します。

9:30 脆弱性診断作業
クライアントのWebサイトや開発中のシステムに脆弱性がないかをチェックします。

12:00 昼休み

13:00 ミーティング
脆弱性が見つかった場合は部署で改善策などを検討します。

15:00 クライアントとの打ち合わせ
脆弱性診断作業の結果を伝えます。
専門的な用語をかみ砕き、クライアントの要望をくみ取りながら改善策について検討します。

17:00 
脆弱性診断作業が残っている場合は作業を続けます。
クライアントとの打ち合わせで持ち帰った事項があれば検討します。

18:00 退社

セキュリティエンジニアになるには

他のエンジニアからスキルアップ

大学や専門学校で知識を身に着けることはできますが、ファーストキャリアでいきなりセキュリティエンジニアとして採用されるケースはあまり多くありません。

システムやサーバー周りのエンジニアとして企業に採用され実務経験を積んだ後、資格取得などでキャリアアップしていくのが一般的です。

正社員だけでなく派遣社員の募集もあるので、セキュリティエンジニアとしての実務経験がない場合は、まずは採用されやすいポジションから応募してみるのも一つの選択肢です。

セキュリティエンジニアの学校・学費

大学、専門で学ぶか、オンラインも

情報セキュリティについての専門的な知識が求められるセキュリティエンジニア。

業務に必要な専門知識を身に着けるには、情報系の大学か専門学校への進学を検討してみてはいかがでしょうか。

その場合、学費や入学金を合わせたトータルの費用は専門学校が約300万円、国公立大学が約500万円、私立の理系が800万円近くとなっています。

オンラインで学べるサービスもありますので、仕事をしながらでも、直接専攻と関係がない学生でもセキュリティエンジニアについて学ぶことはできます。

セキュリティエンジニアの資格・試験の難易度

スキルの認定資格は充実している

セキュリティエンジニアを名乗るために必須の資格はありませんが、スキルを証明する資格はあります。

Cisco System社が提供する「シスコ技術者認定」にはエントリーレベルからエキスパート、さらにその上の難易度で国際的にも通用する「アーキテクト」まで5段階のレベルがあります。

そのほかCompTIA Security社の国際資格「CompTIA Security+」、ネットワーク情報セキュリティマネージャー(NISM)、公認情報セキュリティマネージャー(CISM)、情報セキュリティスペシャリスト試験などがあります。

セキュリティエンジニアの給料・年収

年収1000万円も可能な職種

セキュリティエンジニアの年収は、キャリアのスタートで300~500万円となっています。

スキルと知識が身に着く30歳前後になると600万円ほどが見込めます。

勉強をつづけ、カバーできる領域を広げていけば1000万円にも届く職業です。

その場合は、運用・保守だけでなく企画・提案といった上流の工程にも関われるようスキルアップを図る必要があります。

そうした、クライアントの要望を分析することで最適なシステムを提案するセキュリティエンジニアは「セキュリティコンサルタント」とも呼ばれます。

セキュリティエンジニアのやりがい、楽しさ

特に頼りにされるエンジニア

セキュリティエンジニアは縁の下の力持ちともいえるような役割です。

直接顧客が接するサービスを構築するわけではなく、目立つポジションではありませんが、個人情報をはじめ大切な情報を守るという重大な役目を担います。

情報の価値が増していく世の中にあって、クライアントからも頼りにされる存在となることは間違いないでしょう。

また、実力主義で人手不足感が強いIT業界において専門的な知識とスキルが身につくのはその後のキャリアアップに強い味方となります。

セキュリティエンジニアのつらいこと、大変なこと

リスクと常に隣り合わせ

個人情報の流失は昨今、極めてセンシティブな問題であり、セキュリティエンジニアはそうしたリスクにさらされている情報を守り続けなければなりません。

不正アクセスなどの危機的状況がひとたび発生すれば、緊急的に対応に当たる必要があります。

その場合は昼夜、休日を問わず稼働しなくてはならないため、肉体的、精神的な負担は大きいです。

また、ハッキングの技術は日進月歩のため、セキュリティエンジニアも同様に新たな対策法を学び続ける必要があります。

セキュリティエンジニアに向いている人・適性

コンピューターへの理解と責任感

基本的なコンピューターについての知識は大前提として、さらに複雑な情報セキュリティの仕組みを理解する能力が求められます。

それに加え、上にも述べたようにIT技術は日々進化していっています。

自らのスキルが古くなってしまうのを防ぐためにも、情報セキュリティの新たな知識を常にキャッチアップする向上心と情報感度が求められます。

また、日々の業務に当たるうえでは、重要な情報を脅威から守るという強い責任感を持ち続けることが必須です。

セキュリティエンジニア志望動機・目指すきっかけ

キャリアアップの選択肢として

人材への常用が安定して高く、実力主義のIT業界で活躍するのは魅力的なキャリアのあり方です。

そのうえでさらに、どの企業も重要視する必要があるセキュリティに特化したセキュリティエンジニアはIT業界においても安定感のある職業です。

サーバーエンジニアやシステムエンジニアからスキルアップを図ろうとした際に、専門性があり職業人としての価値を高められるセキュリティエンジニアは魅力的な選択肢です。

また、情報を守るという責任ある役割を担えるというのも動機の一つとなります。

セキュリティエンジニアの雇用形態・働き方

正社員の求人多く、独立も可

秘匿性の高い情報を扱う全ての企業が情報セキュリティを充実させる必要があります。

そのため、セキュリティエンジニアは正社員の求人も多く、スキルと実績があれば安定したポジションを見つけることは難しくありません。

一方で派遣社員の募集も多く、まずは実務経験を積みたい、という場合はここから挑戦してみるのも選択肢です。

幅広く経験を積みマネージャーを目指すことや、セキュリティコンサルタントとして独立することもできます。

セキュリティエンジニアの勤務時間・休日・生活

勉強の継続が大切

セキュリティに責任を負うセキュリティエンジニアは、不正アクセスなどのトラブルがひとたび発生すれば昼夜を問わず、休日返上で対応に当たる必要があります。

一方でトラブルがなく、人員も十分であれば過重労働は避けられます。

ただ、実力主義のIT業界でエンジニアとしてキャリアアップを図るのであれば、資格取得に向けた勉強は続けるべきです。

スキルと実績がキャリアに直結する職業でかつ技術者の認定資格も充実しているので、はっきりとした目標があればモチベーションも維持しやすいでしょう。

セキュリティエンジニアの求人・就職状況・需要

実力主義で正社員の求人も多い

セキュリティエンジニアへの需要は高く、幅広い業種で安定してあります。

学歴不問や、未経験者歓迎といった求人も珍しくありません。

加えて正社員の求人が多く、福利厚生の充実や残業の少なさといった労働実態をアピールするものもあります。

実績とスキルがあるセキュリティエンジニアは転職でのキャリアアップが十分可能です。

ITコンサルティング会社などはセキュリティコンサルタントの募集もしており、その場合は年収も高めです。

セキュリティエンジニアの転職状況・未経験採用

未経験者歓迎の求人も

セキュリティエンジニアは未経験者歓迎の求人も少なくありません。

サーバーエンジニアなど、ITインフラ周りで実務経験があればセキュリティ関連の知識は不問、という求人もあります。

また、他のジャンルのITエンジニアとして実務経験がある方が望ましいのですが、完全未経験からキャリアチェンジを目指す人向けにも応募を受け付けている企業もあります。

人手不足感を背景に転職の門戸は広がっており、スキルと実務経験を積むチャンスはあります。

セキュリティエンジニアの現状と将来性・今後の見通し

必須の人材、需要は高い

どの企業にとっても、情報セキュリティは今後ますます力を入れる必要がある分野です。

これからはスマホやPCだけでなく、車や家電などあらゆるモノがインターネットにつながるようになる「IoT」(インターネットオブシング)が広がっていくとされています。

こうしたデバイスを介して、多くの企業がこれまで以上に顧客の情報を集めるようになります。

そうした情報を活用するためにはこれまで以上に不正アクセスなどの対策を充実させる必要があり、今後も情報セキュリティの専門家は必要とされていきます。