ネイリストになるためにかかる費用

学校・スクールに通う場合

ネイリストの学校・スクールは、全国各地にたくさんあります。

平日昼間に週5日フルで通う学校の場合は、入学金合わせて年間で100万円以上かかるところが少なくないようです。

費用も時間もかかりますが、しばしばネイルサロンへの応募条件として掲げられている「ネイリスト技能検定」の2級や1級を取得しようと思えば、こういった学校にしっかりと通うことが勧められているケースが多いのは事実です。

このような学校では、未経験者向けのカリキュラムが組まれていたり、校内イベントが充実しています。

基礎から幅広くさまざまなことを身につけたい人であれば、お金をかけても通う価値はあると感じられるはずです。

一方、平日の夜に週数回、1日2〜3時間程度通うようなスクールであれば、学費が年間で100万を超えるようなことは基本的にないでしょう。月に1万円程度から通える学校もあるようです。

ただし、講座の内容によってだいぶ差があるため、自分がどれだけのことを学びたいのかと、費用のバランスを見極めていくとよいでしょう。

独学の場合

学校に通う場合は、学校で指定されるテキストに基づいて勉強していくことになりますが、独学の場合は自分で勉強道具を用意しなければなりません。

ただし、最近ではネイルに関する書籍もたくさん出ているため、それらを揃えるのに苦労することはないでしょう。

また、ネイルケアやネイルアートの技術を身に付けるための練習道具も必要になります。最近は練習用の道具も、チップやジェルなど比較的リーズナブルな商品は増えています。

日本製でなくても、海外の安いキッドをネットなどで気軽に購入できるようにもなりました。

コットンのような消耗品は何度も買わなければなりませんが、それでも学校に通うよりもずっと安く勉強していくことができます。

どれだけの本や道具を揃えるかは自分次第ですが、数万円から10万円以下で収めることは十分可能なようです。

ネイリストとして働き始めてから

ネイリストは、いざ仕事をスタートしてからも、ずっと技術を磨き続けていかなければなりません。

そのため、仕事と並行してスクールやセミナーに通う人もいますし、練習のための道具を揃えたりで、それなりのお金がかかるでしょう。

アシスタント時代は給料がさほど高くないケースが多いため、生活が厳しくなるかもしれません。

なるべく費用を抑えたいのであれば、就職先として練習用の道具を支給してくれたり、スクールで学ぶ費用や道具購入にかかる費用を補助してくれるサロンを探すとよいでしょう。

ただし、成長するためには積極的にファッションやネイルに関する本を買って読んだり、ネイルのイベントに参加するなどして、自己投資することも大切です。