独学でネイリストになれる?

最低限のスキルがある人が採用されやすい

ネイリストは、美容師のように国家資格が必要な職業ではなく、なるためのルートも絶対的なものはありません。

そういった意味では、独学でもネイリストを目指すことは可能です。

ただし、ネイリストは技術を要する仕事であることから、専門学校やスクールでネイルの基礎を学び、その後ネイルサロンなどに就職する道を辿る人が多いのは事実です。

なかには未経験者をアシスタントとして採用し、現場で仕事を覚えていけるネイルサロンもありますが、1から10まで手とり足とり教えてくれるようなサロンは珍しいです。

やはり、ある程度の知識と基礎スキルを持っている人材が優先的に採用されやすいようです。

独学での勉強方法

上記のような理由から、効率的にネイリストを目指したいのであれば、専門学校やスクールに通うなどをして勉強することが勧められるでしょう。

しかし、学校に通えば学費がかかりますし、ネイルの勉強には材料費だけでもそれなりの費用がかかってしまいます。

そのため、可能であれば費用をできるだけ抑えるために独学で勉強していきたいと思う人もいるでしょう。

ネイルの勉強は、書籍やインターネットで情報を集めながら進めることができますし、ネイルをするために必要なグッズを購入すれば、技術的な練習もできます。

また、「日本ネイリスト協会」へ入会しておくと、最新の情報が手に入りやすく、ネイル用品を安く購入することが可能です。

同協会には、個人でも入会金や年会費を支払えば一般会員として申し込むことができるため、独学でネイリストを目指す人は検討するとよいでしょう。

就職に役立つ資格への合格は、独学だと難しい

ネイルサロンがしばしばネイリスト採用の条件として掲げている資格として「JNEネイリスト技能検定」があります。

この検定試験はレベルの易しいほうから「3級」「2級」「1級」の3種類があり、どのレベルにおいても特別な学校に通わず受験することは可能です。

なお、就職で必要とされるものは「2級以上」であることが多いです。

資格試験合格を目的とした書籍も出版されていますから、学校に通わずとも合格を目指すことはできます。

実際、最も難関である1級まで独学で合格した人もいるようですが、これはほんのサラッと勉強すれば取得できるものではありません。

少なくとも、1日数時間程度の勉強を数ヵ月以上続ける必要はあるとされていますし、試験は筆記だけでなく技術力もチェックされるため、独学では客観的な評価が難しく、何かと苦労を感じることもあるはずです。

技術レベルの向上ということを考えると、やはり短期間でも学校に通うことが勧められているようです。