メイクアップアーティストへの転職

美容師からの転身

メイクアップアーティストに転職した経験を持つ人の前職で目立つのは、やはり「美容師」です。

美容師として働きながらメイクを担当しているうちに、メイクのほうにより強い興味が出てきたという人や、舞台メイクや特殊メイクなどに挑戦してみたいという思いから、転職を決意する人が多いようです。

美容師から転職する場合は、「美容師免許」を持っていることが一つの強みとなります。就職先の幅も広がるでしょう。

ただし、未経験者がすぐに現場に出られるかというとそうとは限りません。メイクアップの知識があまりない場合は、専門学校やスクールで学んだほうがよい場合もあります。

美容師経験を持つ人は、すでに美容の現場で活躍した経験がある分、飲み込みが早いケースが多いそうです。

美容業界以外から転職する人も

たとえば飲食店勤務や販売業、あるいは一般企業の事務職など、美容業界とはまったく異なる業界・業種からメイクアップアーティストを志す人もいます。

メイクアップアーティストは人と接する仕事ですから、接客や受付など、頻繁に人と接する経験を持っている人なら、身につけたスキルを生かせる面もあるでしょう。

職場にもよりますが、転職時の年齢はさほど問われていないようです。30歳を過ぎてからメイクアップアーティストを目指す人も決して珍しくはありません。

たしかにこの仕事は下積みが必要となるため、若いうちにスタートすれば覚えが早く、体力面でも有利かもしれません。ただし、知識や技術がどれだけ身につくかは、自分のやる気次第ともいえます。

この仕事の現場は慌ただしく、立ち仕事などで体力も使うため、「楽しそう」「オシャレ」といったイメージだけでは続けられない仕事です。

転職を考える際は、本気で目指したいのかいま一度しっかりと考え、熱意と覚悟をアピールすることが大切といえそうです。

仕事体験談