メイクアップアーティストの資格

特別な資格は必要なし

メイクアップアーティストになるために、普通、資格は必要とされません。

国家資格も存在しないため、現役で活躍するメイクアップアーティストも特に何の資格を持たず、学校や現場で知識・技術を身につけていったというケースは珍しいことではありません。

ただし、メイクアップに関する民間資格はいくつか存在します。これらは、自分自身のスキルを確かめたり、就職する際のアピール材料の一つにする目的で受験する人が多いようです。

メイクアップに関する代表的な民間資格としては、以下のものがあります。

メイクアップ技術検定試験

「メイクアップアーティストを広く一般的に職業として認知させると同時に、この基本技術と理念を日本の市場に浸透させる」という理念の下に設立された、社団法人JMAが認定しています。

レベルは上から1級・2級・3級・4級の4段階となっており、3級以上では実技試験も実施されます。

メイクアップについて学べるスクールでは、この検定試験への合格を目指したカリキュラムが組まれている講座もあります。

JMA メイクアップ技術検定試験

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

IBF(国際美容連盟)が認定する試験です。試験を受けるには、IBFの認定校を修了している必要があります。筆記・実技両方行われますが、在宅でも試験の受験が可能となっています。

IBF国際メイクアップアーティスト認定試験

美容師からメイクアップアーティストになる人も

一部の会社では、美容師免許を持っていることを採用の条件とすることもあります。

ヘアスタイリングを行うという点や、美容業界での接客経験があるという点では、たしかに美容師出身の人は有利になるでしょう。

ただし、ヘアメイクの基礎知識・技術を身につけていれば採用してくれるプロダクションや企業は多く、絶対に美容師経験がなければ仕事を探すのすら難しいというわけではありません。

この仕事は現場で覚えるべきことが非常に多いため、ヘアメイクに対する並々ならぬ情熱を持っていれば、資格は関係なく採用してくれることも多いようです。

仕事体験談