高校教師の転職先

高校教師を辞める理由

高校教師を辞める方はそれぞれ何かしらの事情というものがあります。仕事についていけないで挫折した人や疾患を抱えていたり家庭の事情などやむを得なく辞職する人もいらっしゃいます。

では高校教師を辞めた方々の転職先を見てみましょう。

転職先の境界線は「教育」

高校教師を辞めた方の転職先は大きく分けて「教育に携わるかそうでないか」に分けることができます。これは教師を退職した理由によるところが大きいです。

理想とのギャップに挫折して辞めた方というのは教育関連とは関係ない一般企業に転職するケースが目立っています。対してやむを得ない事情で退職した人は、何かしらの教育に携わっているようです。

民間企業に転職する人

民間企業へ転職する人は事務職がほとんどです。数年でも高校教員に勤めていれば簡単なワードとエクセルくらいは使えるようになっていますので、事務職なら通用します。

しかしマーケティングが必要な企画、営業力が必要な営業への転職はなかなか厳しいのが現状で、仮に転職できたとしても数年で辞めてしまう方々が多いようです。これは教師というスキルが民営企業ではな通じにくい表れと言えます。

教育に携わる人

教育が好きという方は、やはり高校教師を捨てても何かしら教育関連に携わっています。例えば塾や予備校。塾では講師を、予備校ではスタッフとして受験生のフォローをします。また、出版社に転職先を見つける方もいます。

教育関連の教材を扱う出版社からすると、実際教育現場に携わっていた人というのは貴重な人材ですので、就職先も見つかりやすいのです。

ただし、転職する際は生徒や教師に迷惑がかからない年度末にしましょう。つまり新学期が始まる前です。また、現在の景気を鑑みるのであれば、高校教師として働きつつ就職活動を行い、転職先が決まった段階で辞表を出すのが賢い方法とも言えます。

仕事体験談