高校教師の勤務時間・休日

高校教師の勤務時間は

高校教師は一般的な企業とは異なり、明確な勤務時間がなければ定時というのも存在しません。その日やるべきことが終わったら帰宅するという概念です。

9時からはじまる学校では教師は約30分前には職員室に入るのが常です。その日の時間割の確認、朝の職員会議で発表する事項、ホームルームで生徒に話す事柄を生理する時間に費やします。

ここから教師の1日がはじまるわけですが、気になる勤務時間を具体的にご紹介します。

意外な教師の放課後

高校教師の勤務時間は基本は9時〜17時が基本ですが、私用がないかぎり17時に帰宅することはほとんどありません。つまり17時以降が教師の居残り時間となります(営利企業ではないので、本来残業という言葉は用いません)。

テストの採点、テスト作成、次回授業の内容組み立て、レジュメ作りに追われることとなります。また、部活動の顧問を請け負っている教師は部活に参加しなければなりません。

ほとんどの教師は19時から遅くて22時のまで学校に居残ることとなります。教師は早く帰れると思っている方は要注意です。

休日も補償されるわけではない

続いては教師の休日に関してご説明します。基本的に教師の祝日は土日祝となります。一部私立では土曜学校も行っておりますのでその場合は土曜日も出勤となります。

ただし、部活動はこの限りではありません。課外授業に力を入れている学校では土日祝に部活動を行うことも珍しくありません。顧問であれば必ず参加しなければなりませんので、休日が潰れることも多々あるでしょう。

公務員の中でも明確な勤務時間、休日がないのが教職の特徴とも言えます。

仕事体験談