建設コンサルタントの仕事内容

建設コンサルタントの仕事とは

建設コンサルタントは、インフラ設備や大規模建築などの工事を行う際に、工事の発注者であるクライアントに対して、建設に関するさまざまなアドバイスを行う仕事です。

たとえば地方自治体が新たにダムをつくることを計画し、その公共工事をゼネコンに発注しようとしているとします。

しかし、地方自治体の担当者は、あくまで行政を専門とする公務員であり、建設や工事のプロではありません。

そこで、建設コンサルタントは、役所に代わって、どんな規模のダムをつくるか、予算や工期はどれくらいか、周辺環境にどんな影響が生じるかといったことを調査し、事業計画を作成したり、助言を行ったりします。

「建設」という名称は付いているものの、実際に建設作業を手掛けるわけではありません。

工事に関する調査や設計、施工管理などを行って、サポート役として事業を円滑に進めることが建設コンサルタントの役割です。

建設コンサルタントには、「河川・砂防および海岸」「港湾および空港」「電力土木」「道路」「造園」など、全部で21種類もの部門があり、それぞれに異なった知識やスキルが求められる専門性の高い仕事です。

建設コンサルタントの業務の内容

計画業務

クライアントが予定している工事概要について、本当に事業化できるのかを検討したり、問題点を洗い出したりして、具体的な予算や工期に落とし込んでいくのが計画業務です。

クライアントが抱える課題をヒアリングして、それを解決するための最適なプランを立案するなど、完全にゼロから工事を企画し、プレゼンすることもあります。

調査業務

大掛かりなインフラ設備などの工事を実施する前に、工事予定地とその周辺に関する情報を収集するのが調査業務です。

現地の地盤の固さや土壌汚染の有無、工事によって周辺住民が受ける騒音や振動のレベル、周辺の生態系に与える影響といったことを調べます。

その調査結果に基づいて、建造予定の建物の耐震機能を決めたり、周辺住民に迷惑がかからない施工方法に変更するなど、事業計画を策定します。

設計業務

事業化が決定された後、どんな建造物をつくるかという図面を作成するのが設計業務です。

建設コンサルタント自身が図面を引く場合もありますが、設計事務所など外部業者への設計発注計画を立てたり、建築士が引いた図面を監修する場合もあります。

住宅や店舗、オフィスビルといった建物を設計するのは建築士の仕事です。

一方、道路やトンネル、ダム、橋、上下水道、港といったインフラについては、建設コンサルタントが設計するケースが一般的です。

管理業務

工事完了後、きちんと当初の計画通りにインフラ設備が稼働しているかデータを取り、定期的なメンテナンスや修繕を提案するのが管理業務です。

インフラ関連の設備は人々の利用頻度が高く消耗が激しいため、安全かつ安心に設備を維持するためには、日々の点検が非常に重要となります。

建設コンサルタントの役割

建設コンサルタントの役割は、工事の発注者であるクライアントをあらゆる面からサポートすることです。

かつて第二次世界大戦前までは、国の公共事業に関する企画や設計は、すべて内務省という組織が直轄して行っていました。

しかし、行政職員ではどうしても知識の面で本職の建設会社社員と対等に渡り合うことができず、なかなか計画が進まなかったり、予算を大きくオーバーするといった事例が相次ぎました。

高度な専門知識をもち、なおかつ中立な立場からアドバイスしてくれる第三者の必要性が増し、そこで誕生したのが建設コンサルタントという職業です。

戦後からすでに80年近くが過ぎようとしていますが、今も昔も変わらず、建設のプロとして、クライアントの利益を守ることが、つまりは国民の利益を守ることが、建設コンサルタントの使命です。

建設コンサルタントの勤務先・有名な企業

建設コンサルタントの勤務先は、建設コンサルタント会社をはじめ、研究所、シンクタンクなど多数あります。

建設コンサルタント業務は国土交通省への登録制となっていますが、扱う業務は全21種類に区分けされており、同じ建設コンサルタント会社でも、事業内容は登録区分によって大きく異なります。

全国にはおよそ4000もの建設コンサルタント会社があり、事業規模も得意とする仕事もさまざまです。

有名企業としては、「日本工営」「オリエンタルコンサルタンツ」「建設技術研究所」「応用地質」「長大」の5社があり、合わせて5大建設コンサルタントと呼ばれることもあります。

建設コンサルタントの仕事の流れ

建設コンサルタントの仕事は、国や地方自治体からコンサルタントの依頼を受けるところから始まります。

行政が企画した工事内容をヒアリングし、需要予測や整備効果を検討します。

周辺住民へ意向を伺ったりしながら問題点や改善点を洗い出し、ブラッシュアップした事業計画を発注元にプレゼンします。

承認が得られ、事業化が決定したら、建設予定地を調査し、土地の形状や地盤の固さ、周辺環境などのデータを収集します。

それに基づいて設計作業を行い、出来上がった図面を行政担当者に再びプレゼンします。

プレゼンが通り、工事を担当する建設業者が決まったら、建設コンサルタントは工事現場で施工管理を行います。

完工したら建設コンサルタントの仕事もひと段落となりますが、その後も維持点検などで定期的にたずさわるケースが一般的です。

これら一連の仕事は規模が大きいこともあって、かかる時間も非常に長く、企画立案から完成まで10年以上を要することもあります。

建設コンサルタントと関連した職業

建築士

建築士は、住宅や店舗、ビルなど、さまざまな建築物を設計したり、工事現場を監督したりする仕事です。

橋やダムといった巨大インフラ設備については、基本的に建設コンサルタントが設計を手掛けますが、発電所などの建物の場合は、建築士が設計を担当することもあります。

建築士になるためには、建築系の大学や専門学校などで建築学を学ぶなどして、国家資格を取得することが必要です。

建築士の仕事

土木作業員

土木作業員は、穴を掘る、掘り出した土砂を運ぶ、穴を埋め戻す、土を盛り固めるなど、土木作業全般を手掛ける仕事です。

アスファルト敷設工事やトンネル掘削工事、河川の護岸整備工事などでは、建設コンサルタントが作成した工事計画に基づいて、土木作業員が実際の作業を手掛けます。

土木作業員というと、いわゆる「ガテン系」の力仕事ばかりをイメージするかもしれませんが、近年はブルドーザーやクレーンなどの重機を操縦するオペレーターとしての仕事が中心となっています。

土木作業員の仕事

建設会社社員

建設会社は、さまざまな建設工事や土木工事を行う企業です。

建設会社で働く社員のおもな仕事は、工事の企画や設計、工事現場における監督、案件を獲得するための営業です。

建設会社社員は、建設コンサルタントと協議しつつ工事を管理していきます。

建設会社と建設コンサルタントの仕事は似通っている部分もありますが、あくまで工事を行う主体は建設会社であり、それをサポートするのが建設コンサルタントです。

建設会社社員の仕事