家具職人の生活

修行中は休日返上することも多い

修行中は生活のすべてを家具製作に捧げる覚悟が必要です。

就業時間の前後は先輩の技術を見て学ぶ絶好のチャンス。休日には家具の展示会に出かけたり、道具やインテリアのお店に出かけたりして過ごすこともあります。

自宅でも道具の手入れに勤しむなど、娯楽という娯楽はほとんど排して修業期間を過ごすことになるでしょう。

こうして新人の家具職人は一日も早く一人前として認められることを目指します。

勤務時間はひたすら作業に没頭

家具の製作は材料の切り出しから完成に至るまでを一人の職人が担当します。したがって、勤務時間は自分の製品の完成に向けてひたすら作業に没頭することになります。

ときには一日中、誰とも話さない日もあるようです。

家具製作の工程はほとんどが機械に頼らない手作業であるため、家具職人は長時間にわたって集中力を持続する日々を送っています。

オーダーメイドは打ち合わせが不可欠

オーダーメイド製の家具を請け負う際には、注文者と打ち合わせをする必要が生じます。

打ち合わせにはさまざまな形態があり、実際に注文者の自宅を訪問して寸法を測ったりすることもあります。

業務用家具を手がける場合も同様です。何度か打ち合わせをする中で注文者の要望を聞き、ライフスタイルや用途を加味しながら、よりよい提案をしていきます。

このコミュニケーションなくして顧客に喜んでもらえる家具を製作することはできないといえるでしょう。

材料選びに出かけることも

家具製作に使う木材等の材料を自身の目で選ぶことを大切に考えている家具職人も多いです。

ときには伐採前の森林を訪問し、加工される前の段階から携わることもあります。

そうすることで、材料にも感謝の念が生まれ、家具製作により熱が入るのです。

コンテストに参加

販売を目的とした家具以外に各種コンテストに出品するための作品を製作することもあります。

これは主に勤務時間外に行うことになり、時期によっては体力的にも負担がかかります。

しかし、コンテストに入賞すれば、その後の活動に大きなプラスになるため、寝る間も惜しんで作品制作に励む家具職人も多いのです。