「デザイナー」といわれる職業、仕事の種類

「デザイナー」という仕事は、おそらく皆さんにとっても身近で馴染み深いものでしょう。 「絵を描くことが好き」「クリエイティブな仕事に憧れている」そんな思いから、将来はデザイナーになりたいと考えている人もいるかもしれません。 しかしながら、実は一言でデザイナーといっても、実際にはさまざまな業界や領域で活躍する人がおり、活躍の場によって求められる知識や専門技術も異なってきます。 ここでは、デザイナーといわれる職業をあえて細かく分類し、主な仕事内容について紹介していきます。

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーは、洋服や靴、バッグなどをデザインする仕事です。

マーケティングによって市場の動向を正確にとらえ、これから流行しそうなファッションや、多くの人が求めているファッションを提案します。

テキスタイルデザイナー

テキスタイルデザイナーは、服飾品やインテリアに用いる「テキスタイル(布地・織物)」の素材や柄のパターンをデザインする仕事です。

ファッションデザイナーが作成したデザイン画を基に、適した糸を選び、織り方を工夫して生地を作ります。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは、雑誌の広告やポスター、チラシ、商品パッケージなど、印刷物のデザインをする仕事です。

主に広告代理店やメーカーなどに勤務し、ディレクター、イラストレーターコピーライターなどとチームを組んで働きます。

DTPデザイナー

DTPデザイナーは、本や雑誌、広告などを作る一連の工程の中で、原稿作成およびレイアウト、版下作成などを行う仕事です。

パソコンと専用ソフトを用い、写真や文字データなどをページ内に配置しながら、誌面を作っていきます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインをする仕事です。

見栄えの良いデザインを作るのみならず、サイト上でユーザーが意図した通りに行動してくれるような設計、HTMLなどのコーディング等まで担当することもあります。

CGデザイナー

CGデザイナーは、コンピュータを駆使してグラフィックスを作成する仕事です。

CGには2Dと3Dがあり、作成されたデザインは映画やゲーム、アニメーションをはじめ、建築や車、機械設計などあらゆるものに活用されます。

ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、ゲーム制作の一連の工程の中で、キャラクターや背景などの絵を作成する仕事です。

2Dの場合はドットと呼ばれる点で、近年主流となっている3Dグラフィックではポリゴンを使って、すべての絵を表現していきます。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは、家具やカーテン、照明、什器といった各種インテリアのデザインおよび、インテリア全体の監修と室内を演出する仕事です。

個人住宅のみならず、ホテルや美術館などの大きな建物の内装を担当することもあります。

家具デザイナー

家具デザイナーは、家具のデザインを行う仕事です。

人々の生活に欠かせないテーブルやイス、ソファ、収納棚、タンスなど、あらゆる家具の設計と完成までのすべての工程に関わり、家具をプロデュースします。

内装デザインにも関わることがあります。

空間デザイナー

空間デザイナーは、個人住宅をはじめ、駅やホテル、ショップ、公園など、あらゆる空間の設計とデザインをする仕事です。

その空間の目的やコンセプトを頭に置きながら、人々が過ごしやすい空間になるよう、必要な設備や内装の設計やデザインを行います。

照明デザイナー

照明デザイナーは、照明の光によって空間をデザインする仕事です。

街のイルミネーションやライトアップなどから、個人住宅や大型のオフィスや商業施設などあらゆる場所で、その場所の雰囲気やコンセプトに適した照明を提案します。

建築デザイナー

建築デザイナーは、住宅やビルなどの建築物を美しくデザイン・設計する仕事です。

販売店やお客さまの意向を汲み取りながらコンピュータグラフィックスによる立体図形でデザインを作成し、CADを利用して設計を行います。

フラワーデザイナー

フラワーデザイナーは、結婚式場やホテル、レストラン、イベント会場などで、花を美しくアレンジメントする仕事です。

その場所のコンセプトや目的を踏まえ、予算内で適した花を用意し、空間を演出する力とセンスが求められます。

プロダクトデザイナー(インダストリアル・デザイナー)

プロダクトデザイナーは、文房具や食器などの生活用品から、自動車・飛行機などの輸送機器まで、あらゆる製品のデザインをする仕事です。

製品の形状や機能、材質などを検討したうえで、美しさと使いやすさを両立させたデザインをすることが求められます。

カーデザイナー

カーデザイナーは、自動車のデザインを行う仕事です。

主に自動車メーカーに勤務し、時代の流行やニーズといったマーケティングを基に、商品のコンセプトを実際の形にしていきます。

担当する部分は、大きくエクステリア(ボディデザイン)と、インテリア(内装デザイン)に分けられます。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーは、ジュエリー(宝飾品)のデザインをする仕事です。

お客さまの要望や商品企画に基づいてラフスケッチを描き、専門知識を駆使して製作のために必要となるデザイン画を完成させます。

自ら職人として製作を行うデザイナーもいます。

雑貨デザイナー

雑貨デザイナーは、主に文房具や食器など人々の暮らしに身近な生活雑貨を中心とした雑貨品をデザインする仕事です。

見た目の美しさのみならず、素材や形状、使いやすさ、安全性までトータルで考えていく必要があります。

キャラクターデザイナー

キャラクターデザイナーは、アニメや漫画・ゲームなどのメディアに登場するキャラクターをデザインする仕事です。

原作を基にして作ることもあれば、新しい企画を基に、企業のイメージキャラクターや自治体等のマスコットキャラクターを作ることもあります。

エディトリアルデザイナー

エディトリアルデザイナーとは、雑誌や小説、カタログなど、何ページにもわたる紙媒体のデザインを行う仕事です。

文字校正を行い、ページの余白などを検討しながら誌面を読みやすくデザインします。

装丁を行うブックデザイナーを兼任することもあります。

「デザイナー」といっても、日用品から家具、書籍、乗り物、建物など、商品・製品によってそれぞれ専門のデザイナーが活躍していることがお分かりいただけたのではないかと思います。 目指す方向によって、必要な知識の習得方法や通うべき学校なども異なってくるため、デザイナーになりたい人は、具体的にどのようなものをデザインしたいのか考えてみるとよいでしょう。