このサイトはゲームデザイナーを目指す人のための情報サイトです。

ゲームデザイナーとは?

ゲームデザイナーは、ゲームのキャラクターや背景、アイテムなど、作品中に登場する絵をデザインする仕事です。また、ゲームの世界観やストーリー、ゲームシステムなどを決める役割も担います。ゲームデザインはCGを用いて行われるため、この仕事に就くには専門学校や美術系大学でプログラミングスキルやデッサン力を身につけ、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社へ就職するのが一般的な道となっています。会社勤めのほかフリーランスで働くこともでき、実力次第では高額な収入を得ることも可能になりますが、この仕事は実力主義の面が大きいため、常に新しい技術やデザインに触れながら自分の腕を磨いていく必要があります。ディレクターを兼務できるようになると、より仕事の幅が広がるでしょう。

ゲームデザイナーの仕事内容

ゲームデザイナーとは、その名のとおりゲームのキャラクターやアイテム、背景など、ゲームに登場するものをデザイン、制作する仕事です。

デザインを通して、ゲームの世界観やストーリー、ゲームシステムなどを決める役割も担います。

一口にゲームと言っても家庭用ゲーム機からゲームセンターのアーケードゲーム、スマホでプレイするソーシャルゲームなどがあります。

また、アクション、格闘、RPG、パズルなどジャンルもさまざまです。

ゲームデザイナーは、それぞれのゲームに合わせてプレイヤーが楽しくゲームをできるようなデザインを提供します。

ゲームデザイナーになるには・必要な資格は?

ゲームデザイナーになるには、コンピューター系、ゲーム系の専門学校でCG(コンピューター・グラフィックス)やプログラミングなどの専門知識を学ぶか、美術系の大学や専門学校でデッサン力を身に付けるかのいずれかの道を選ぶ人がほとんどです。

卒業後、ゲームメーカーやゲームソフト制作会社に就職する流れが一般的な進路です。

また、ゲームメーカーにデッサンを持ち込んだり、コンテストに作品を出して受賞することによってデビューする人もいます。

ゲームデザイナーになるための資格は必須ではありませんが、専門知識を基礎として実務経験を積み重ね、技術を高めていく必要があります。

ゲームデザイナーに向いている人

何はなくともゲームが好き、モノを創り出すのが好きな人が向いています。

また、最新の流行や技術に敏感で、新しいものを学ぶことが好きでなくては長続きしません。

ゲームの世界は常に変化しています。毎年のように新しいゲームが世に送り出され、ゲーム制作に必要な技術も日々進歩しています。

そのため、常に流行をキャッチし、新しい技術を学び続けることができる人でないと厳しい競争を勝ち抜くことは困難です。

加えて、チームワークも大切です。

ひとつのゲームソフトを作るには何人かでチームを組むのが一般的です。

チームはプログラミング、音楽、シナリオなど、さまざまな役割を持つメンバーが一緒になって仕事を進めていきます。

そのため、立場や役割の異なるメンバーとうまくコミュニケーションを取るスキルも求められます。

ゲームデザイナーの就職状況・雇用形態

ゲームデザイナーはゲームメーカーやゲームソフト制作会社に就職する人が大半です。

会社によっては採用試験の際にデッサンやポートフォリオの提出を求められることがあります。

美術系の学校を出た人のなかには、学生時代にPCをほとんど触ったことがないという人もいますが、仕事に必要な道具やソフトは仕事を通して使い方を覚えることができます。

雇用形態としては正社員、契約社員、アルバイトとさまざまです。契約社員やアルバイトでも実力が認められれば正社員に登用されることもあります。

また、会社に所属せずフリーランスで活躍するゲームデザイナーもいます。

学校を卒業してすぐフリーランスになる人もいれば、会社で経験を積んでから独立する人もいます。

ゲームデザイナーの給料・年収・待遇

会社勤めのゲームデザイナーの場合、収入は一般的な会社員とほぼ同じです。

会社の規模によって差はありますが、初任給は月収18万円前後、平均年収は400万円~500万円ほどとなるでしょう。

社内でディレクターのような管理職も兼任するようになると年収が平均以上になる人もいます。

ここ数年は、家庭用ゲームやアーケードゲームよりもソーシャルゲーム業界のほうが年収水準が高い傾向があります。

とくに大ヒット作を多く出しているソーシャルゲームの会社では年収1000万円近くにもなるゲームデザイナーもいます。

フリーランスの場合、収入は人によってまちまちです。

年収100万円程度の人もいれば、1000万円を超える有名デザイナーもいます。

ゲームデザイナーの生活・勤務時間・休日

ゲームメーカーやゲームソフト制作会社というと「仕事がきつい」「残業や休日出勤が多い」というイメージを抱く人が多いかもしれません。

たしかに、そのような一面があることは否定できません。

とくにゲーム発売直前には定時で帰宅することが難しくなることも考えておいたほうがいいでしょう。

ただ、ゲーム業界は裁量労働制を取っている会社が多く、私服通勤OKのところも多いので、出勤時間や休憩時間、服装は比較的自由度が高くなります。

フリーランスの場合には、働く時間や休日はすべて自分で自由に決められますが、働く時間が短くなるとそのぶん収入が減ってしまいます。

また、ゲームデザイナーは、たとえ休日であっても、日頃からさまざまなデザインや芸術作品に触れて感性を磨き、「これをゲームに取り入れたらどうだろう」と考えることも大切です。

ゲームデザイナーの現状と将来性

ゲームデザイナーは労働時間が長く、競争率も高いので生き残ることは決して楽なことではありません。

近年では、海外との競争も激しくなってきました。

常に新しい技術やデザインに触れて自分の腕を磨いていかないと、あっという間に時代遅れになってしまいます。

しかし、本当にゲームが好きで、自分が作ったキャラクターが動くのが楽しい、自分が制作にかかわったゲームを大勢の人にプレイしてもらえることが何より嬉しいと思える人にはやりがいのある仕事です。

厳しい世界ではありますが、それでも自分のセンスと実力で勝負したいと考えている人にとっては挑戦しがいのある職業といえるでしょう。