一般事務の現状と将来性

需要が大きく減ることは考えにくい

一般事務は、企業をはじめ、あらゆる組織において必要とされている職種です。

活躍の場が幅広い一方、なるうえで高度な専門知識や特別なスキルは求められにくいことから、就職はしやすいといえるでしょう。

規模の小さな組織では、一人の一般事務スタッフが経理や営業事務など多様な業務をこなして、他の社員を支えていることも多くあります。

表からは見えにくいところでの働きとなりますが、組織運営においては欠かせない職種であり、今後も需要が大きく減るといったことは考えにくいです。

これから一般事務を目指していく人にとっても、チャンスはたくさんあるといえるでしょう。

一般事務として大きく飛躍するのは難しい

しかし、「たくさん稼ぎたい!」「自分にしかできない仕事がしたい!」という考え方を持っているのあれば、一般事務として働く前に少し考えておいたほうがよいことがあります。

というのも、一般事務はそこまで専門性が高い職種とはいえず、実際、採用の現場でも「簡単なパソコン操作ができる程度でOK」といわれることが多いからです。

そうなると、ある意味、どんな人でもこの仕事に就きやすくなってしまいます。

もちろん、仕事を本気で究めようとするのは大変ですし、実際にそれができている一般事務は組織にとって必要不可欠な存在として、ずっと良い給料や待遇が用意されていることもあります。

しかし、全体的に見れば「代替可能なポジション」と認識されやすい職種であるのは事実であり、月給に関しても、手取り20万円~25万円程度で生活している人が少なくないようです。

経験を積めば徐々に給料は上がる傾向にありますが、それでも他の職種に比べるとやや低めの水準で、高額な年収を得ることは難しいのが実情です。

こうしたことから、自身のライフプランやキャリアに関しては、よく考えておく必要があるでしょう。

たとえば、事務としての経験を積みながら他の勉強をして専門性を身につけ、人事や経理など他の職種へステップアップを目指すといった選択肢も考えられます。

仕事体験談