一般事務に向いている人、適性

人のサポート役になることが好き

一般事務は、どのような組織においても自分自身が表舞台に立って目立つというよりは、裏方として他のスタッフをサポートする役回りに徹します。

そのため、見えないところでも人を支えることに喜びを見出せるかどうかは、一般事務として活躍し続けるうえで重要なポイントとなります。

普段から「あの人はどうすれば喜んでくれるかな」などと考え、行動できる人は、十分に一般事務の適性があるといえるでしょう。

集中力があり、正確に物事を進めることが得意

一般事務の活躍の場はさまざまですが、人と話す機会が多い職場がある一方、ルーティンのデスクワーク中心でこなすことを求められる職場もあります。

どのような場合でも、与えられた仕事はしっかりと遂行しなくてはなりません。

一般事務が扱う書類やデータはどれも組織にとって重要なものであるため、責任をもって仕事に向き合う姿勢が不可欠です。

たとえ同じような作業を繰り返し行う場合でも、集中力をしっかりと保ってコツコツと物事を進めていける人は、一般事務に向いているといえるでしょう。

逆に、飽きっぽい人や、同じことを続けるのが苦手という人は、この仕事は苦痛に感じてしまうかもしれません。

丁寧で人柄がよい

一般事務は、日ごろから社内のスタッフとうまく連携しながら仕事を進めていきます。

また、電話・来客応対など外部の人と接する場面も出てくるため、会社の窓口としてきちんとした対応ができる人が望まれます。

明るく、丁寧で、親切に人と接することができる人は、社内外を問わずどのような人ともうまくやっていきやすいですし、一般事務としての適性があります。

事務というと、一人で黙々と仕事をしていればいいように思うかもしれませんが、人と話すのが嫌い・苦手という人よりは、他人とコミュニケーションをとることが好きな人に向いている仕事だといえます。

仕事体験談