一般事務の1日

オフィスワークが基本

一般事務は、基本的に業務のほぼすべてがオフィスワークとなります。

勤務時間は勤務先によって異なりますが、毎日決まった時間帯で働くことが多いため、安定した生活リズムが作りやすいといえるでしょう。

業務内容は、ルーティンのものもあればその時々で依頼されるものもあるため、しっかりと計画を立てて行動しながらも、臨機応変に進めていくことが大切です。

ここでは、一般事務の代表的な職場となる企業で働く一般事務のおもな1日の過ごし方について紹介します。

大手企業で働く営業事務のある1日

08:30 出社

オフィスについたら同じ部署のメンバーに元気よく挨拶。パソコンを立ち上げて、1日のスケジュール確認とメールチェックを行います。

08:50 朝礼

部内の朝礼に参加します。大事な内容はしっかりとメモをとります。

09:00 電話応対

始業時間になると、得意先から電話がたくさん入ってきます。明るく丁寧に対応し、必要に応じて担当者に取り次ぎます。

10:00 資料作成

パワーポイントを使い、依頼されていた会議の資料を作成します。

11:30 伝票整理

売上伝票を日付順に整理します。

12:00 休憩

昼食の時間です。同僚と会話を楽しみながら、持参したお弁当を食べます。

13:00 会議の準備

午後一番で行われる会議に備え、会議室で机の並び替えと資料配布を行います。

14:30 来客応対

来客者を打ち合わせスペースへ案内し、お茶を出します。

15:00 メール便の仕分け

届いたメール便を確認し、担当者に配布します。

16:00 コピーやFAX送信

依頼された資料をコピーしたり、取引先にFAXを送ります。重要書類となるため、宛先を間違えないよう入念にチェック。

17:15 日報作成

1日の業務内容をまとめ、上長に報告します。

17:30 退社

急ぎの資料作成などがあれば残業をすることもありますが、基本的には定時で上がれます。

仕事体験談