イラストレーターになるには

イラストレーターになるには

イラストレーターとして働くために、必要な学歴や資格は特になく、決まったルートもありません。

しかし、活躍しているイラストレーターの多くは、美術系の大学や専門学校でデザインの基礎を学んでいます。

学校を卒業後、すぐに独立できる人は少なく、広告制作会社や企業の広告部、デザイン事務所、ゲーム会社などに就職するコースが一般的です。

ゲーム会社以外では、イラストレーターとして募集していることは少なく、まずはグラフィックデザイナーとして経験を積んでいくというパターンが多いでしょう。

在職中に人脈を拡げたり、賞を取るなどして実績を重ね、フリーとして独立する人も数多くいます。

フリーとなった後は、出版社や広告会社に自ら売り込みをしていかなければなりません。

イラストレーターに向いている人・求められる能力

オリジナリティ

絵がうまいというだけでなく、自分だけのオリジナリティがあるイラストを描けなければ成功することは難しい仕事です。

協調性

人脈によって仕事が決まることが多い業界であるため、人付き合いがよく、信頼されるタイプが向いているといえます。

ほかの仕事にも言えることですが、納期をきちんと守るという誠実さも必要です。

イラストレーターになるために必要なこと

イラストレーターになるために必要なのは、とにかく「人に頼まれた絵を描く」ことです。

まだお金をもらえる程の技術がなければ、ボランティアから始めるといいでしょう。

多くのイラストレーターは、最初はボランティアで絵を描いています。学校や、家庭、地域などで、です。

こうしたボランティアを繰り返して、周囲の信頼を得て、実力もたくわえていくうちに、ビジネスとして声がかかり始める、という風です。

そして、繰り返しになりますが、この時大切なのは、「自分が描きたいものを描く」のではなく、「相手が望んでいる絵を描く」ことです。

もちろん、「それがイラストのあるべき姿」というわけではありませんが、「イラストレーター」になりたいのであれば、相手が望んでいるものを描くことが必須です。

「自分の好きな絵だけを描きたい!」というだけなら、別にイラストレーターという職業を目指す必要はないのです。

一人で趣味で描いていればいいし、人に見てもらいたければ、ネットで発表すればいいのです。実際に、そこから人気が出てプロになったという方も見えます。

もちろん、基礎的なデッサン力や、各種の画材を扱う力、フォトショップなどのソフトを使いこなす力も、ある程度はいります。

しかし、これらの力が一番磨かれるのも、「相手が望むものを作ろうとしているとき」なので、やはりそれを心がけて、ひたすら現場に出ていくのが一番なのです。

もちろん、それとは別に、自分の描きたい絵を描くのはとてもいいことです。

頼まれた仕事の合間のリフレッシュに、描きたい絵を描いて、その技術をさらに仕事につなげていきましょう。

イラストレーターの現状と今後の見通し

PCでイラストを書くことが増えてきていることもあり、CGデザイナーがイラストレーターを兼業するケースが出てきました。

単価は下がっている傾向にあるため、得意分野があったり、特徴的な作風を持っているイラストレーターでないと生き残っていくことは難しいかもしれません。

仕事体験談