独学でイラストレーターになれる?

特別な勉強をしなくてもなれる

イラストレーターは、なるために特別な資格や学歴が求められる仕事ではありません。

上手に絵を描くことができさえすれば、誰でもすぐイラストレーターとして活躍することができます。

しかし、ここでいう「上手に絵を描く」というのが大変なことであり、多くの人がつまづく部分でもあります。

簡単にいえば、知識や技術の習得だけであれば、今は本やインターネットを使って情報を集め、独学で勉強することができます。

しかし、自分の視点だけで絵を描いていてもなかなか上達しなかったり、誰かが描いた絵をただ真似ているだけでオリジナリティがないなど、さまざまな悩みを抱える人がいます。

イラストレーターになるための学校に通うことで、こうした壁を乗り越えるためのヒントをもらえるかもしれません。

デッサン力の向上は不可欠

もし独学でイラストレーターになりたいと考えている場合でも、デッサン力を高める努力は必ずしておくべきことだといわれています。

イラストの描き方やデッサンの基礎については市販の教本もたくさんあるため、そうしたものを使って練習するとよいでしょう。

デッサン力を高めたいのであれば、ある程度の量をこなしていくことは不可欠です。

そして、日頃からできるだけ多くプロのイラストを目にするように心がけるとよいでしょう。

その際に、「売れる絵とは何か」「どのような絵が求められるのか」ということを自分なりに考えるクセをつけておくことが大切です。

コンテストに応募する

イラストレーターとして日の目を浴びることを目指すのであれば、地道に絵の練習を続けることは大事ですが、加えてさまざまなイラストのコンテストに応募するとよいでしょう。

せっかくコンテストに出すのであれば「良い評価を得たい」と誰もが思うもので、モチベーションが上がりますし、自分の実力も見えてくるものです。

そしてイラストレーターとして活躍するためには、基礎を身につけたうえで、自分の個性やオリジナリティを出すことを考えていくとよいでしょう。