ホームヘルパーの志望動機

ホームヘルパーを目指す女性たち

ホームヘルパーになることを目指す人の多くは、子育て中の女性や、子育てがひと段落した主婦などの女性が中心です。

実際、ホームヘルパーは女性にとって働きやすい仕事といわれています。

介護現場では体力を使いますし、決してきれいで華やかといえるような仕事ではありませんが、普段、家事をしている女性はその家事スキルを十分に発揮することができます。

そのため、家庭を持つ主婦にとっては入りやすい業界だと思われます。

しかし、ホームヘルパーの求人を見てみると、たいていはパートなど短時間労働の非常勤です。

求人の記事にはよく「空いた時間を1時間でもホームヘルパーとして活動してみませんか?」といった言葉が書かれています。

常勤のホームヘルパーは訪問介護事業所にいるサービス提供責任者くらいで、多くのホームヘルパーは、自宅から利用者の家まで直行直帰で仕事を行う就労形態をとっています。

家事や育児、家庭をきりもりする主婦にとっては何かと都合のよい就労形態であり、効率よく仕事ができることが志望動機になることも多いようです。

まだまだあるホームヘルパーの志望動機

ホームヘルパーを経験して、将来必要になるであろう親の介護をする際の勉強をしたいと思うことが志望動機になる場合もあります。

また、お話好きな人や、子どもの頃におじいちゃん子、おばあちゃん子であったなどお年寄りと話すのが好きな人、人と関わる仕事が好きという人が、この仕事に就くケースも多いようです。

専門職志向の強い人は、最初はホームヘルパーとして働き、さらに上位資格である「介護福祉士」を目指したり、介護業務5年の経験を経たのち「ケアマネジャー」となって福祉業界でプロフェッショナルに活躍してみたいという夢を持つ人もいます。

介護福祉士の仕事
ケアマネジャーの仕事

人と社会の役に立ちたいという思い

ホームヘルパーは、高齢化社会が進む現代の日本で、非常に需要が高まっている職業のひとつです。

楽な仕事ではありませんが、「人の役に立ちたい」「誰かの手助けをして社会に貢献したい」という思いが強く、人へのやさしさや思いやりを持って働けるこの仕事に魅力を感じて、ホームヘルパーを目指す人も少なくありません。

仕事体験談