栄養士の現状と将来性

活躍するフィールドの多様化

高齢化社会の進展や人々の健康に対する意識の高まりとともに、医療・福祉の現場では、介護予防や治療食の工夫、そして個々の利用者の立場を考え、より楽しみ、喜んでもらえる食事づくりのサービス向上が求められています。

とりわけ急速に市場が伸びている福祉分野では、病気の予防、そして一人ひとりの利用者のニーズや価値観を尊重したサービスに力が注がれるようになり、食事の提供についても然りです。

また、学校においては食についての教育を専門的に行う「栄養教諭」の導入が進んでおり、栄養士の資格を存分に生かすことができます。

そのほか、ビジネスの分野でも、栄養関連のサービスを展開する企業は増加傾向にあるといわれます。

食の専門家として、栄養士が活躍できるフィールドは多岐にわたっており、職業としてのニーズは今後も高まっていくでしょう。

栄養士以外の資格も取得

栄養士あるいは管理栄養士の資格のほか、ダブルライセンスを獲得するとキャリアアップを狙えます。

たとえば、医療分野では、特定の病気に特化した栄養指導が求められているようです。

そうした背景のなか、「栄養サポートチーム(NST)専門栄養士」や「日本糖尿病療養指導士」など、医療現場を担うための新たな資格が続々と誕生しています。

医療現場と並んでニーズが高い福祉の分野では、「介護支援専門員」の資格を栄養士も取得できるようになりました。

また、「フードコーディネーター」は、テレビの料理づくりや企画などの仕事も含まれています。

ドラマ劇中で、役者さんが食べたり、作ったりしている見栄え良くおいしそうな料理を考えているのも、フードコーディネーターです。

そして、テレビなどのメディアだけでなく、飲食店のメニュー開発、食品会社の商品企画、料理教室の講師など、食にかかわるビジネスで活躍することができます。

今後は、栄養についても国際的な基準(グローバル・スタンダード)が強化されていくといわれています。

栄養士になってからも日々知識を深めていくと同時に、世界視野で栄養について勉強していく気持ちが不可欠です。

仕事体験談