栄養士の志望動機

志望動機の考え方

病院や施設、企業などの業界によって、志望動機も変わってきます。

たとえば、食品系や開発部門希望の場合は、企業人として、どう会社や人々に貢献していきたいか、学校で学んだ知識をどのように活かし、開発の一員として働いていきたいかといったエピソードを挿入し具体的にアピールするといいでしょう。

志望動機の例文

貴社は健康に配慮し、味も素晴らしい惣菜や食品を開発されていてとても興味を持ちました。一人暮らしでも、ビタミンやその他の栄養素を気軽に取れるメニューが豊富でいつも活用しております。

カロリーを考慮してのメニュー作りはもちろんですが、お客様に満足してもらうため、発想を柔軟にして知識を形を変えても活かせるように、開発をしていきたいと思い希望しました。

病院や保育園、保健所などの施設の場合

一般的に栄養士といえば、健康管理です。健康な人から病気の人まで幅広く管理・指導します。

とくに病気の人などは、食事で改善したり、悪化したりしてしまいます。命にかかわる責任感有る仕事内容です。

保育園でもアレルギー児が増えてきています。

少しのアレルゲンでも発作を起こしてしまい死亡してしまう危険があるので、危機管理能力や使命感、相手への共感力などもアピールするといいでしょう。

志望動機の例文

私は、子どもが大好きで子どもの健康に関われる保育園を希望します。食事は、体の成長だけでなく、情緒を育む大切な要素です。

小さな頃の食習慣が、成人後の健康に大きく影響しますので、将来的な健康維持に貢献できるよう、食事作りやメニュー作りに貢献していきたいです。

アレルギーには、細心の配慮をします。アレルギー食は、別個になりやすいので、なるべくみんなと違わない代替食を考えたいと思います。

食育の一環で、アレルギーについてみんなが理解できるよう授業をしていきたいです。差別しない思いやりを持つ教育に「食」を通して、携わりたいと思い希望しました。

仕事体験談