管理栄養士の資格は取っておいたほうがよい?

管理栄養士の資格は取った方がいい?

栄養士の上級資格に「管理栄養士」があります。

管理栄養士は国家試験に合格したのちに厚生労働省大臣から認定される国家資格になります。

栄養士も管理栄養士も仕事内容は基本的にほぼ同じとなりますが、2つの違いを強いて上げるのならば、栄養士は主に給食管理・提供をし、管理栄養士は、高度な専門知識を持って病気の人を管理する、ということになります。

管理栄養士の仕事

もちろん栄養士が食事指導をしないというわけではなく、職場によって求められる仕事内容も変わってきますので、明確に違いをあげることはできません。

ですが、管理栄養士の方が仕事の幅は広がりますので、資格を取得していて損はないでしょう。

医者と渡り合える医療知識も

近年、より深く高度な専門性が求められる傾向にありますので、アカデミックな分野で活躍したいという方には、管理栄養士の資格を取得していた方が有利で仕事の幅が広がります。

たとえば、研究職はかなり専門性が見られますので、取得していて知識の引き出しが多いほど、日々の研究や企画に役立つでしょう。

病院が直接雇って、患者さんの栄養管理や食事指導する栄養士は管理栄養士の募集がほとんどになります。

病院で他の医療スタッフと連携して、臨床にバリバリ関わっていく仕事がしたい人は、取得していたほうがいいでしょう。

医師や看護師、理学療法士などの他のスタッフと協力しあい意見交換する機会は常に多く、医師の指示の下で働きますが、食の専門家として意見を求められることもあります。

ですので、きちんとした医学知識を身につけないことには、信頼関係は得られません。

人間の自然治癒力を上げる良質な食事を管理するので、治療の幹となる分野なのです。

「食」は海を越えて

日本での栄養士経験を活かし、海外でボランティア活動をすることもできます。

食料不足で栄養失調が蔓延している国に、栄養学の知識を伝え、給食設備を整え提供する栄養士がいます。

また、日本での食文化や食生活、食材は違いますから、その国に合わせたメニュー作りが必要になります。

そのためには、最低限英語は話せるようになると更なる可能性が広がります。

深い医療知識はあったほうがいいので、やはり管理栄養士の資格は取得していたほうが、自分の可能性を広げたり、チャンスを掴むきっかけを与えてくれるでしょう。

仕事体験談