栄養士学校で学ぶこと、授業内容

栄養

栄養学

栄養士といえば、大半の人がイメージする分野です。

タンパク質、炭水化物、脂質、ビタミンがどのように体内で吸収するのか、健康にどのような関わりを示すのかなどについて学びます。

これは、他の科目を勉強するうえでの基礎となります。

妊婦、乳児、学童期、思春期、壮年期から老年期までの年齢別にどのような栄養が必要かなどを勉強します。

食生活論

衣食住の生活に密着したテーマの「食」にスポットを当てて、文化面という角度から勉強します。

気候風土や日本の宗教が、食文化にどのような影響を与えていたのかということも分かります。

日本以外の外国の食文化が取り上げられることもあります。日本はどうして肉食文化ではなかったのかなど、食文化背景が解き明かされます。

臨床栄養学

病院栄養士を目指す人は、現場で毎日必要とする知識です。

高血圧、糖尿病、腎臓病、胃かいよう、アレルギーなどの病気別食事療法についての内容となります。

実践的で仕事と直結する内容も勉強します。

食事せんの見方、献立作成、調理実習、食品管理、原価計算、伝票、帳簿類の記入方法などです。

公衆栄養学

国民の健康を守り、意識を高めようとする分野です。

今は、日本食だけでなく、世界の料理が安く身近に楽しめますし、それゆえ、生活習慣病になりやすくなります。

便利な交通機関が発達して、運動不足にもなりやすい現代において、どのようにして国民の健康を改善してくのかを学びます。

栄養指導論

栄養士の仕事で重要かつ必要な技術を勉強します。

正しい栄養学の知識・食事の仕方、その人その人に合った運動の取り入れ方などです。

栄養指導の方法は、コミュニケーションの的確な仕方、どういった流れで指導するか、心理学に基づいたカウンセリングを学びます。

そのほかに、栄養所要量、献立作成の技術を身につけます。

病気もちの方、妊産婦、子ども、成人、高齢者などの年齢対象別の指導をシュミレーションする演習も授業の中で行われます。

食品・衛生

食品学

栄養学と同じくかなり栄養士にとって大切な科目です。

食品の衛生が安全かということを調べたり、栄養成分を分析したりします。

実験して、食品から、タンパク質やアミノ酸を分離したり、卵の鮮度を測定したりします。

食品中の成分が加熱や加工をすることによって、どんな変化をして、それがどういう原因によって起こるのかなど、栄養素を損なわずにするには、どのように保存すればいいのかなどを学びます。

食品加工学

みなさんが日常おいしく食べている物がどのように作られているか学びます。

たとえば、冷凍食品がおいしさそのままで栄養価があり、衛生的なのは、なぜなのかということを勉強します。

加工食品の包装のしくみや種類、貯蔵方法についても学習します。

食品衛生学

例年、食中毒が発生するとニュースになります。給食やレストランでも起こりますが、意外と家庭でも多いのです。

食中毒の原因となる細菌について学んだり、農薬などの化学的な中毒やどのくらい農薬が食品に残っているのか、害はないかなどを勉強します。

また、食品の衛生と安全を保つための加工(食品添加物)や調理器具の洗浄の仕方を学びます。

食料経済

経済の観点から食料の生産、流通、日本の自給率や世界の食料政策について学習します。

今後、国際的な食料問題や需給、流通問題などの面で、問題解消のみちびき手として栄養士の活躍が期待されます。

公衆衛生学

国民みんなが健康でいられるようにすることを学びます。

予防接種や伝染病や病気の予防、環境衛生、かつていろいろ話題になった保険医療制度、学校保健、高齢者保健、社会福祉、社会保障といった幅広い分野を勉強します。

これらの制度は、みんなの生活に密着しているので大変ためになります。

栄養士として仕事をすると絡んでくる制度です。

給食運営

調理学

みんながいつも食べたり作ったりしている料理について科学的に勉強します。

味、色、香り、五感に訴えてくるものは、おいしさとどう関連するのかなどについてです。

食材別の調理の仕方、調理器具の名前と使い方などの調理関係全般を勉強します。

教科書上の勉強をしたら、調理実習を通して実際はどうなのかと体験します。

給食管理

給食管理は現場の栄養士として働くなら、かなりの部分で直結してくるものです。

給食管理から始まり、献立作成、栄養管理、食品管理、衛生管理、調理の作業手順やポイント、作業管理、原価計算、食品購入などの事務、労務管理を体系的に学びます。

この科目を勉強した後は、校外実習というものがあります。病院、学校、保健所などで現場仕事を体験します。

人体

解剖生理学

食べ物だけでなく人間を対象にしますから、人体構造を勉強するのはとても大切です。

解剖というと医学部、薬学部などのかなり理系寄りのイメージかもしれませんが、実は栄養学は、医学の一分野なのです。

人体の構造と機能、消化器系、呼吸器系など器官ごとに学習します

生化学

栄養素が人体でどのように吸収、作用するのか勉強します。

タンパク質、脂質、炭水化物の化学反応と代謝、酵素について学びます。

運動生理学

本格的なスポーツだけでなく、日常の適度な運動は、健康の維持には欠かせません。

肥満や生活習慣病の予防にもなります。

日々のストレスを解消する効果があります。これは、適度な休養にもつながります。

栄養指導をするとき、食事療法と運動を組み合わせて行われるようになってきています。

運動をしたとき、体の機能と健康とのかかわりを理論に基づいて勉強します。

仕事体験談