電気工事士への転職、未経験採用

電気工事士に転職するには

長引く不況の影響や終身雇用制の崩壊などによって、「手に職」をつけて働ける電気工事士への注目度も高まっているようです。

電気工事士が国家資格であること、またほとんどの電気工事は電気工事士でなければ行えないことなどから需要も安定しており、異業種から転職して活躍することも十分に可能だといえます。

電気工事関連の会社で中途採用を行っているところはたくさんありますが、応募資格は会社によって異なるため、まずは求人サイトなどを通して情報を集めてみましょう。

見習いからスタートする

電気工事士は専門的な技能が必要とされる仕事であるため、未経験者よりは経験者が、また無資格者より有資格者が優遇されやすいことは確かです。

しかし、未経験者を「見習い」として受け入れている会社もそれなりにあります。

この仕事では、とにかく現場で仕事をすることが大切です。見習いの場合、最初は給料も安いことが多く覚えることばかりの日々で大変ですが、経験は資格以上の強みになることも多く、一度この業界へ入ってある程度のスキルを身につければ、同じ業界内での転職もしやすくなります。

また、所定の実務経験を積めば、より難易度の高い電気工事士第一種の資格も取得することができます。

未経験から本気でこの仕事で一人前になることを目指したいのであれば、最初の数年間は修行のつもりで努力することが大切です。

先に挙げた通り電気工事士の需要自体は安定しているため、下積み生活を我慢できるのであれば、経験や資格がなくても仕事をスタートすることは決して難しい話ではありません。

転職に年齢は関係ある?

電気工事士として未経験で転職するのなら、若くなければ難しいといわれることもあります。

たしかに、イチから仕事を覚えていくとなるとそれなりの時間がかかるため、20代前半までがひとつの目安となっているようです。

しかし、20代後半、あるいは30歳を超して電気工事士になるのは絶対に無理というわけではありません。

求められるのは、現場できちんと仕事をこなせるだけの体力と、見習い時代の安い給料や厳しい指導にへこたれない強い精神力です。

建設業界では高校を出てすぐに就職という人も多いため、先輩や上司が年下になるいうこともあり得ますが、この辺りを理解したうえで頑張れるのなら、若くなくても熱意が認められて採用される可能性はあります。

仕事体験談