電気工事施工管理技士のやりがい、魅力

専門的な技術で人の暮らしを支えることができる

電気工事施工管理技士の大きなやりがいのひとつは、さまざまな建物で安心・安全に電気を使えるようにし、人々の暮らしを支えることができるという点です。

住宅、オフィス、商業施設などあらゆる建物において、電気は毎日当たり前のように使われています。

しかし、それは電気工事に携わる技術者たちの力があってこそのものであり、無事に工事が完了した際には、見えないところでも社会に貢献できている喜びを実感できるでしょう。

とくに電気工事は誰にでもすぐにできる仕事ではないため、プロフェッショナルとしての誇りも感じられます。

評価されやすく、転職などにも有利

電気工事施工管理技士の魅力として、国家資格を持っていることで客観的に評価されやすく、技術者として高いレベルに達していることを証明しやすいということが挙げられます。

実際、有資格者には会社から資格手当が支給されたり、就職や転職の際に有利になることもしばしばあるようです。

技術職であることから資格を取得することによって年収アップにつなげやすく、一般の技術者と比べて高収入が得られるでしょう。

1級の資格を取得すれば、年収が一気に100万円~300万円程度アップするケースもあるといわれます。

電気工事施工管理技士の資格を持つ人はまだ足りていないとされるため、有資格者が良い待遇で働けるチャンスは引き続きあるものと考えられます。

資格と経験により、活躍の幅が広がっていく

電気設備業界は人材不足の状態にあるといわれており、積極的に若い人材を育成しようと考える企業も増えています。

知識や技術がないところからでも現場経験を積み、徐々にスキルアップし、そして資格を取得していけば確実に評価されるようになるでしょう。

この仕事では、新築建物の電気工事はもちろんですが、最近は既存建物の改修・補修における電気工事のニーズも増えているといわれます。

こうした改修・補修といった工事は繰り返し行われていくため、安定した需要のある仕事です。

技術者としてスキルアップしながら資格を取れば活躍の場も広がっていく、将来性のある仕事だといえるでしょう。