電気工事施工管理技士の現状と将来性

業界全体が人手不足の状況

電気工事施工管理技士は、国家資格を所持している強みを生かして、建設業界のあらゆる方面で活躍することができます。

実際には「電気工事士」として電気工事の技術者としての仕事に携わる人が、さらなるキャリアアップを目指して電気工事施工管理技士になるケースも目立ちます。

いま、技術者そのものが不足しているといわれる建設業界ですが、とくに技術者としての豊富な経験を積み、専門知識や技術をもって施工管理に携わることができる電気工事施工管理技士のニーズは高くなっています。

電気工事を行う会社の求人を見ても、有資格者が優遇されるものが目立ちます。

若手技術者の需要は大きい

いま、これまで現場の第一線で活躍してきた電気工事施工管理技士が大量に定年を迎え、若手の育成に積極的に取り組む企業が増えているようです。

できるだけ若いうちに資格を取得しておくことで、昇進スピードが速くなったり、転職時にも優遇されることがあります。

また、この資格を持っていれば年収アップや待遇アップにつながるケースも珍しくありません。

まだまだ電気工事施工管理技士は不足しているといわれるため、これからこの仕事を目指していく人にも十分なチャンスがあるといえるでしょう。

新技術に対応できる技術者も求められる

技術の進歩により、電気設備についても省電力化や管理の自動化など、ますます高度化・複雑化しています。

オール電化住宅や太陽光発電といった新技術が建物に用いられるケースも増えており、こうした新しい技術に対応できる技術者はさらに活躍の場を広げていけるでしょう。

また、最近では建物設備の老朽化により、既存建物の改修・補修の工事も活発に行わています。

新規建設にともなう工事はもちろん、既存設備のメンテナンスに関する仕事の需要も引き続き大きなものとなっていくでしょう。

個々の経験や技術が重視されやすい仕事であるため、スキルアップに励み続ければ長年第一線で活躍できるでしょう。