電気工事施工管理技士の転職事情

人手不足の状態が続いている

電気工事施工管理技士をはじめ、建設業界の技術者は慢性的な人手不足の状態にあるといわれています。

そのなかでも、電気工事施工管理技士は未経験者がなれるわけではなく、まずは電気設備工事会社などで働き、所定の実務経験を積んだうえで国家試験への合格が必要となります。

電気工事施工管理技士の資格を持っていれば、工事現場における施工管理の役割を担うことができるため、活躍の場はさらに広がっていくでしょう。

未経験者からでも資格取得は目指せる

建設工事の技術者が人手不足にあるなか、大手のゼネコンでも中途採用を積極的に行う企業が増えているとされ、転職希望者にとってはチャンスだといえるでしょう。

また、業界全体で未経験であっても転職希望者を歓迎する傾向は強まっているようです。

経験が浅い場合には年齢は若いほうが転職しやすいですが、未経験から現場に出て、着実に経験を積み重ねることで将来的に電気工事施工管理技士となることは可能です。

転職を機に給与や待遇アップも

電気工事施工管理技士の資格を持っていれば、転職市場では有利になることが多いです。

電気工事のニーズは増えている一方、現在は資格保持者の数が足りていないとされ、資格保持者は高待遇で採用されやすくなっているようです。

また、有資格者が多い年配層が定年を迎えているという背景もあり、若くして資格を持っている人はとくに歓迎されるでしょう。

とくに1級資格取得者の需要は大きくなっており、転職をきっかけに年収を大きくアップさせたり、より良い待遇の下に働くこともできます。

改修・補修工事のニーズが高まっている

電気工事は、あらゆる建築物に必要不可欠なものとなりますが、最近では既存建物の改修や補修の工事の需要も大きく、そのような場で電気工事施工管理技士が活躍する姿も目立ちます。

改修・補修の工事を中心に行う企業もあり、活躍の場はさらに広がっているようです。