電気工事施工管理技士試験の難易度、合格率

過去の合格率

電気工事施工管理技士試験の過去の合格率は、1級・2級それぞれ下記の通りです。

1級

<平成29年>
学科:48.0%
実地:62.5%

<平成28年>
学科:46.0%
実地:69.1%

<平成27年>
学科:45.1%
実地:63.4%

<平成26年>
学科:35.6%
実地:63.1%

<平成25年>
学科:45.8%
実地:58.4%

2級

<平成29年>
学科:62.8%
実地:40.0%

<平成28年>
学科:58.7%
実地:41.6%

<平成27年>
学科:55.2%
実地:40.4%

<平成26年>
学科:54.4%
実地:39.0%

<平成25年>
学科:67.1%
実地:44.9%

受験者のなかには、2級に合格してから1級を受ける人もいれば、はじめから1級に挑戦する人などもいます。

難易度はどれくらい?

電気工事施工管理技士試験の難易度は「普通」程度とされています。

これは、予備校などに通ってみっちりと勉強をしなくては合格できないほどの難易度ではないものの、まったく勉強していない状態での合格は難しいレベルといわれています。

合格率は40~50%程度はあるものの、電気工事施工管理技士の試験は実務経験がある人だけが受験できるものです。

基本的に、すべての受験生が電気工事に関する基礎的な知識や技術を備えていることを考えると、決して易しい試験ではないと考えておいたほうがよいでしょう。

合格ラインについて

電気工事施工管理技士試験の合格ラインは、1級・2級ともに60%の正解率といわれています。

この数値は受験者の数などによって変動するわけではないため、事前に問題集などを解いて苦手分野をなくしておけば、合格ラインに達することは十分に可能だといえます。

独学も不可能ではありませんが、電気工事関連の団体によって各地で行われている試験対策講習会に参加し、効率的に合格を目指すのもよいでしょう。