電気工事施工管理技士に向いてる人、適性

電気工事に興味がある人

電気工事施工管理技士に向いているのは、何といっても電気工事に興味がある人です。

この仕事は技術職であるため、どれだけ専門的な知識や技術を突き詰めて自分のモノにしていけるかで成長が変わってきます。

電気工事といっても一般の人にはあまりなじみがないかもしれませんが、たとえば手を動かしてものづくりをすることが好きであったり、プラモデルや電気機器をいじることにワクワクするような人は、この仕事に前向きに取り組める資質があるといえるでしょう。

もちろん、建物において電気がどのように流れているのか、その裏側に興味・関心があるような人も、電気工事施工管理技士に向いています。

丁寧で、几帳面な人

電気工事の現場では感電などの危険をともなう作業も多く行われており、技術者はつねに安全第一で動かなくてはなりません。

実際、電気工事は一定レベルのスキルを備えた人しか行えないことになっていますが、どれだけ仕事に慣れてきたとしても気を抜かず、決められた方法や手順で確実に作業を進めることが求められます。

スピードも重要ですが、いつでも丁寧な作業ができる人は電気工事の現場では評価されやすいです。

したがって几帳面な人、細かいところにまで気を配れる人などが、電気工事施工管理技士には向いているといえるでしょう。

体力があり、健康を大事にできる人

電気工事の現場は肉体労働であり、重い道具や機材を持ち運んだり、一日中立ちっぱなしや動きっぱなしの重労働になります。

ときに寒い場所や暑い場所で工事を行わなくてはならないこともあり、それなりの体力は必要不可欠といえます。

もちろん、厳しい環境でも集中力を保って作業をし、新しいことを覚えていくための根気強さなども求められてきます。

心身ともに健康であることが、電気工事施工管理技士として前向きに働き続けるための重要な要素になるといえるでしょう。