CADオペレーターへの転職、中途採用

正社員採用は狭き門

現在、CADオペレーターは建築や機械をはじめ、「ものづくり」に関わる多様な業界で必要とされています。

そのため、人材を募集する企業も増えており、この仕事への転職を考える人も比較的多いようです。

しかし、たとえば営業などまったく別の職種から転職するのか、どこかの会社でCADオペレーターとして働いた経験があるのかによって、転職のしやすさはだいぶ変わってくるでしょう。

もともとCADオペレーターは派遣社員やアルバイトとして働く人が多い職種であるため、正社員としての就職先を見つけるのは簡単なことではありません。

正社員採用の場合、「経験者であること」を必須としている企業が多く見受けられます。

そのほか、CADオペレーターは事務職と兼任するケースもあるため、事務スキルがあると優遇されることがあるようです。

未経験から転職したい場合

もし、CADオペレーターとしての実務経験がない状態からCADオペレーターを目指す場合は、学校やスクールでCADに関する基礎的な知識とスキルを身につけたり、資格取得のための勉強をしておくほうがよいでしょう。

アルバイトでよければ未経験者を採用する企業もありますが、完全にゼロの状態から、実務の場で専門用語や技術を覚えていくのは大変です。

また、未経験者のアルバイトの場合、ごくごく一部の単純な業務にしか携われない可能性もあるようです。

学校やスクールでは何もわからない状態であることを前提に教えてくれますし、そのうえでCAD関連の資格を取得すれば、転職活動の場でのアピール材料にもなります。

どの分野で働きたいのかを考える

CADオペレーターの活躍の場は、建築業界や自動車業界、アパレル業界など多岐に渡り、業界によって求められる業務知識なども変わってきます。

使用するCADの種類も異なる場合があるため、どのような分野で働きたいのかを考えることも大事です。

しかし、それもまずはCADの世界に触れてみなければ、なかなかわからないことが多いでしょう。

そうした意味でも、転職前に独学あるいはスクールに通い、専門的な勉強をしてみることをオススメします。

そのなかで、少しずつやりたいことが明確になってくるのではないでしょうか。