精密機器メーカー社員になるには

精密機器メーカーに就職する

精密機器メーカー社員として働くには、学校を卒業後、各精密機器メーカーが実施する採用試験を受験することが第一歩となります。

大手メーカーの大半では定期的な新卒採用を実施しており、「総合職」という形でまとまった数の新入社員を採用しています。

総合職の採用は、大きく分けて「技術系」と「事務系」という2種類の区分で実施されています。

精密機器メーカーにおいては、製品の研究や開発、設計、製造を行っていく技術職の人材がより多く求められるため、新卒社員の募集人数も技術系職種のほうが多くなっているようです。

最大手の精密機器メーカーになると、一度の新卒採用で100人以上を採用しているところもあります。

ただし、年度によって募集人数は異なり、そこまで多くの人数が採用されない年度もあります。

技術職は理系が中心

精密機器メーカーのうち、技術職で働きたい場合には、理系の大学もしくは大学院に進学しておくほうがよいでしょう。

技術職は、より高度な専門性が求められる仕事が多く、それまでに学んできた分野や、研究内容を考慮した採用が行われがちです。

実際に入社後、自分が時間をかけて真剣に学んできたことを少しでも業務に生かすことができれば、仕事のやりがいはずっと大きくなるでしょう。

企業によっては学科や専攻が限定されることもあるため、事前によく確認しておくことが重要です。

一方、事務系職種の場合は、全学部全学科の学生を対象とした採用が行われてることが多いようです。

理系の人が事務系として働くこともできますが、文系の人も多く活躍しています。

なお、精密機器メーカーの事務系職種は、営業職がその多くを占めるといわれています。

とくに新卒の場合は営業からスタートし、キャリアを積んで別の職種に異動となるといったルートをたどることもあるようです。

研究所を通した推薦で入社する人も

技術系職種の場合は、推薦応募によって精密機器メーカーへ入社する人もいるようです。

推薦応募は、各大学の研究室とつながりが強い場合に行われることが多く、教授のコネクションなども関連してきます。

研究内容が認められ、教授から背中を押してもらうことができれば、一流企業へ推薦で入社することも可能になるでしょう。