精密機器メーカー社員のつらいこと、大変なこと、苦労

たくさんの人との関わりが重要

精密機器メーカーでは、さまざまな職種の社員たちが働いています。

「ものづくり」とはいっても、一人の職人の手で最初から最後まで行えるような規模の小さなものではなく、研究や技術開発、設計、製造、営業など、多くの人の手を介して製品は生み出され、そして顧客の元へと届きます。

とくに大手の精密機器メーカーになると、全国にいくつもの事業所や工場を持つようなところもあり、自分の目の届かないところで仕事が進んでいくことが日常茶飯事です。

どうしても自分の思い通りに仕事をするのが難しいことがあるでしょう。

それでも組織の一員として、自分の役割をまっとうする使命感や責任感が問われてきます。

精密機器メーカー社員にとっては、他部門との連携が不可欠であり、「個人で自由に動きたい」という思いが強い人にとっては、その点に多少の不満や苦労を感じることもあるかもしれません。

厳しい競争の中での努力が求められる

日本のものづくりの技術の高さは世界からも認められているところですが、各社とも決して落ち着いているわけではなく、厳しい競争のなかで何とか生き残るために戦略的な経営を行っています。

大手精密機器メーカーのなかには知名度が高く、歴史ある企業も複数あるものの、そのようなところへ就職すれば一生安泰というわけではありません。

どれだけ大きな企業であっても、現代社会では絶対的な安定はないといわれています。

とくに製造業は景気の影響なども受けやすく、めまぐるしく変わり続ける世の中、そして急激な技術革新のなかで変化に対応していかなくてはなりません。

転勤が多くなることも

ある程度の規模の精密機器メーカーになると、全国各地に拠点を設けているところも多く、そのような企業で働く場合には、職種によって転勤の可能性があります。

人によって転勤の頻度は異なるようですが、多い場合には2~3年ごとに各地を転々とすることもあるようです。

また、グローバル展開をしている企業では職種によって海外出張が頻発したり、海外赴任になることもあります。

社員として在籍しているなかで同じ仕事をずっとやり続けることはまれで、違う部署へ異動になったり、新しい仕事を任されたりする機会も出てきます。

新しいことに立ち向かうのは決して楽なことではありませんが、多様な経験を通して自分自身を成長させていく覚悟が求められてくるでしょう。