精密機器メーカー社員の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

精密機器メーカー社員の勤務時間は企業によって若干異なりますが、本社勤務となる場合は8:30~17:30くらいになるのが一般的です。

標準労働時間は、7時間半から8時間程度となるでしょう。

ただし、大手の精密機器メーカーは本社以外にも、全国各地に工場や研究所、あるいはいくつもの事業所を抱えていることが多く、勤務地によって勤務時間が変わってくることがあります。

また、一部の職場では「フレックスタイム制」が取り入れられており、個々の仕事内容や状況に合わせてより柔軟な勤務時間で働くことが可能になります。

さらに育児中の社員は「短時間勤務制度」などを利用して働いていることもあります。

休日・休暇

多くの精密機器メーカーにおける休日は、土・日曜日が休みの「完全週休2日制」となっています。

このほか、祝日も休みとなり、さらに有給休暇、年末年始休暇、夏季休暇、フレッシュ休暇、出産休暇、育児休暇、介護休暇、看護休暇などが代表的な休暇制度として存在します。

年間休日数は企業によって異なりますが、120日程度のところが多いようです。

休日出勤は職種によって発生しやすい仕事と、そうでない仕事があるようですが、基本的に会社で決められている休みはきちんと休むことができます。

残業の状況

精密機器メーカー社員の残業状況は、仕事内容や職場によってだいぶ変わってくるようです。

営業職では、日中に得意先を回る関係で、夕方以降に残った業務を片付けなくてはならないことがありますし、実際に生産に関わる仕事では、生産トラブルが発生すれば即座に対応したり、納期に間に合わせるために残業をしなくてはならないことも出てくるでしょう。

しかし、最近では残業管理をしっかりとしている企業が増えており、「ノー残業デー」「定時退社日」といったもの取り入れて、残業時間削減に取り組む職場がよく見られます。

個々の努力も重要ですが、効率的に仕事を進めやすい職場環境が整っている会社では、かなり残業時間が少ない場合があるようです。