精密機器メーカーの種類

大手の精密機器メーカー

大手の精密機器メーカーは日本に何社かありますが、各社の特徴として、いくつもの事業の柱を持ち、幅広い事業展開を行っていることが挙げられます。

大手精密機器メーカーは、デジタルカメラをはじめとする映像機器の製造・販売などBtoCの事業を手掛けているところが多く、一般の人からの知名度も高くなっています。

しかし、それらの多くはカメラだけではなく、半導体や医療・ヘルスケアなど多様な分野に事業展開を行っており、産業機器や航空機器、計測機器といったBtoCのビジネスも手掛けています。

また、日本国内だけではなく世界各国に販売網やサービスの拠点を持ち、グローバル規模で事業展開を行っていることも特徴のひとつといえるでしょう。

なお、大手精密機器メーカーは100年ほどの長い歴史を持つところもありますが、各社の企業文化や技術開発の歴史も影響して、現在どの分野でのシェアが大きいかは会社ごとに異なっています。

中小の精密機器メーカー

全国展開している大手精密機器メーカー以外にも、各地域に本社を置く中小規模の精密機器メーカーがあります。

中小の精密機器メーカーでは、売上高や従業員数は大手に比べるとだいぶ小さくなってきますが、高い技術力や製品の独自性などを強みに堅調な経営を続け、確実に成長している企業は存在します。

中小の精密機器メーカーになると、大手のように多方面に事業展開をするよりも、特定の分野に集中した開発を行い、そこでシェアをとっているところが多いようです。

大手との競争もありますが、ニッチな領域で安定した顧客基盤をつくって生き残りをかけているような企業が目立つようです。

こうしたメーカーでは、医療機器、光学機器、計測器など各社で扱う精密機器のジャンルが異なり、またそのなかでも特定の製品に強みを持つようなところがあるため、企業ごとの特色がより出やすいといえるでしょう。