精密機器メーカー社員の現状と将来性

あらゆる産業と密に関連する業界

精密機器メーカーは、企業によって「BtoB」と「BtoC」のどちらの業態にも関連する製品を製造しています。

検査機器や計測器といったBtoBの精密機器の場合、一般企業から医療機関、大学、研究機関など、幅広い領域に顧客を持ち、さまざまな分野の産業と密接に関係していることが特徴です。

需要は大きく、高度な技術力を生かして事業を成長させている企業もあります。

一方、BtoCの精密機器の代表格であるカメラ分野を見てみると、デジタルカメラはスマートフォンのカメラ・レンズ機能の向上により、販売台数が下降傾向にあるようです。

厳しい競争は今後も続いていくものと考えられます。

海外市場でシェアを広げる企業も

日本のものづくり技術の高さには定評がありますが、精密機器メーカーも世界に目を向けて、海外市場へと進出する企業が増えています。

さらなる海外での拠点拡大は各社の重要課題となっている場合も多く、そのような会社で働く社員には、よりグローバルへの挑戦意識が求められてくるといえるでしょう。

高い英語力、バイタリティ、コミュニケーション能力、異文化理解といった資質・スキルを持っている人には、活躍のチャンスが多くめぐってくるかもしれません。

医療機器への参入が目立つように

最近では、「医療」や「ヘルスケア」の分野が成長が望めるビジネスといわれることが多く、こうした分野に参入する精密機器メーカーが増えているようです。

早期診断や早期治療のために使用される画像技術の機器は医療業界において需要が高まっています。

また、このような精密機器は、BtoCの製品のような価格下落がしづらいこともあり、メーカーにとっては利益を出しやすいことも特徴です。

今後も社会や市場ニーズの変化により、精密機器メーカーは独自の技術力を生かしながら、新しい分野への参入も積極的に行われる可能性があります。