精密機器メーカー社員の仕事、業務内容

精密機器とは何か

精密機器とは、一般に、微細な部品で構成された機械装置のことをいいます。

古くは時計、カメラ、オルゴールなど、複雑精妙な機械装置全般を指していましたが、現代では電子機器などのハイテクな製品も、精密機器の一種として考えられています。

高度な精密さに加え、電子制御やソフトウェア制御によって動作させる機器を精密機器と呼ぶことが一般的とされています。

精密機器のおもな種類としては、以下のようなものが挙げられます。

・半導体
・医療機械、医療検査機器
・精密測定機器
・ロボット
・サーバー
・電気機器
・大型工作機
・福祉機器
・分析機器
・工学機器
・電子機器
・レーザー加工機
・IT機器
・印刷機器
・理化学機器
・メディカル治療器

これらの精密機器は、医療や福祉の現場、官庁、大学、オフィス、あるいは家庭など、さまざまな業界や場所で日常的に使われています。

このような多様な精密機器を開発・製造し、世の中に提供するのが精密機器メーカーであり、そこで働く人が精密機器メーカー社員ということになります。

精密機器メーカーの業態

精密機器メーカーでも、どのような製品をつくるのかによって顧客の種類やビジネスモデルが変わってくることが特徴です。

たとえば、カメラや時計などは一般の消費者も利用するBtoCのビジネスとなりますが、医療用機器や検査機器などは企業・研究所などで利用されるBtoBのビジネスとなります。

なお、精密機器の開発には高い技術力が求められてくるため、特定の分野の製品を専門的に製造するメーカーも多数あります。

精密機器メーカー社員の仕事とは?

市場で求められている製品を企画し、技術を駆使して精密機器を製造し、顧客に対して販売することが、精密機器メーカーの大まかな仕事となります。

そこでは、技術を研究する人、設計を行う人、製造に必要な設備を整える人、実際に手を動かして製造を行っていく人、完成した製品の検査や品質を管理する人、自社製品をPRして顧客を増やすために営業活動をする人など、さまざまな役割を持つ社員が活躍しています。

技術の専門的な知識を持つエンジニアから、顧客との交渉を行うコミュニケーション能力に長けた営業まで、それぞれが協力・連携をして、顧客のニーズに応え、事業の成長に向けて働いています。