幼稚園教諭(幼稚園の先生)になるには

幼稚園教諭になるには

まずは資格取得から

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。幼稚園教諭免許状は国家資格であり、専修(大学院の学位)、1種(大学の学位)、2種(短大の学位)の3種類があります。

したがって、幼稚園教諭養成課程のある大学院、大学、短大などで学び、卒業することで幼稚園教諭免許状を取得することができます。

なお、この3種類は、就職時の初任給や給与などの待遇で差があることはありますが、業務上でできることに違いはありません。

このほか、「保育士」として3年以上の実務経験がある場合は、教員資格認定試験に合格することで、免許を取得することが可能です。

幼稚園教諭採用試験の概要

就職先・活躍の場

幼稚園教諭免許状を取得した後は、公立の場合は各市区町村の採用試験を、私立の場合は、それぞれの幼稚園の採用試験を受験します。

試験内容は市区町村や幼稚園によって異なりますが、第1次試験として筆記試験が、それに合格した人のみが受けられる第2次試験として面接が行われるのが一般的です。

これに加えて、音楽(ピアノ演奏)などの実技試験もよく実施されています。

ピアノの演奏能力はあるに越したことはありませんが、最低でもバイエルの上・下巻程度、さらにピアノを弾きながら歌う「弾き歌い」ができるようにしておく必要があるといわれています。

幼稚園教諭に向いている人・求められる能力

子どもを愛する気持ち

まず、「子どもが好き」ということが何よりも大切です。子どもにはそれぞれ個性があります。子ども一人ひとりと向き合い、愛情を持って接することも求められます。

責任感、使命感

幼稚園教諭は子どもの「教育」に携わる立場になるため、強い責任感を持つこと、そして自分がしっかりと子どもを守るのだという使命感も欠かせません。

子どものために遊びを考えたり、教材を作ったりとやることは多いですが、前向きに取り組む姿勢が大切です。

体力

幼稚園では、教諭が一人で大勢の元気な子どもたちの面倒を見なければいけないため、体力も必要となります。子どもは思っている以上に大人の様子を観察しています。幼稚園教諭は子どもの前で明るく、元気でいることが大切です。

幼稚園教諭の現状と今後の見通し

幼稚園教諭は昔から人気がある仕事ですが、少子化の影響もあり、採用数が減少している傾向があります。とくに公務員採用となる公立の幼稚園は難関です。

一方、働く女性が増え、保育に対するニーズが多様化している状況に加え、社会全体で「子どもの面倒をみる幼稚園と保育園で異なる目的を持つのが不自然」という考え方がなされるようになっており、最近では幼稚園と保育園が一体となった「幼保一体施設」が増えています。

こうした状況により、幼稚園教諭と保育士の両方の資格を持つ人が優遇されやすくなっているようです。

仕事体験談