幼稚園教諭(幼稚園の先生)の資格(免許)の種類

普通免許状と臨時免許状

幼稚園教諭になるには「幼稚園教諭免許状」が必要です。しかし、ひとくちに幼稚園教諭免許状といっても、いくつかの種類に分かれています。

ここでは幼稚園教諭免許状の種類について紹介します。

まず、幼稚園教諭免許状は「普通免許状」と「臨時免許状」があり、幼稚園教諭になるにはこの「普通免許状」を取得する必要があります(臨時免許状は、普通免許状を持っている代理の職員がどうしても採用できない場合に与えられる免許状です)。

3種類の普通免許状

普通免許状の種類は、さらに以下の3種類に分かれています。

1種免許状

幼稚園教諭になるための4年制大学で幼稚園教諭養成課程を受けます。所定の課程を修了して大学を卒業すると、幼稚園教諭1種免許状が取得できます。

2種免許状

短期大学や文部科学省が定める専門学校・養成学校などで幼稚園教諭養成課程』を受けます。所定の課程を修了して学校を卒業すると、幼稚園教諭2種免許状が取得できます。

専修免許状

大学を卒業した人が大学院修士課程または専攻科で学ぶことで、この免許状を取得できます。

上記に挙げた3種類の違いは、簡単にいえば「どの学校で学んだか?」ということです。

免許の種類は違うものの、単純に2種免許よりも1種免許のほうが優れているといったわけではありません。免許によって業務の幅に制限があるわけでもなく、実際、就職をする際にも種類の違いはさほど関係ないものとなっています。

免許によって給料が変わることも

ただし、たとえば短大で学べば2年で2種免許状を取得可能ですが、4年制大学の場合は4年間かけて1種免許状を取得することになります。

そのため、時間をかけて取得した人(1種免許状)の給料のほうが、他の新卒採用の人と比べると高めに設定されていることが一般的です。

同じ新卒採用でも、初任給で2万円ほどの差がつけられていることもあります。

仕事体験談