ヨガインストラクターへの転職

「趣味」から転職を考える人も

ヨガの人気はいまだに高く、社会人になってから趣味やダイエット、あるいは健康づくりのためにヨガを始める人も多いようです。

そして、しばらくヨガを続けているうちにその魅力にどんどんとりつかれ、「もっとヨガに深く関わりたい」「ヨガの素晴らしさをたくさんの人に伝えたい」という気持ちから、ヨガインストラクターになることを目指す人もいます。

では、ヨガインストラクターへの転職をしたいと考えたとき、実際にはどのように動いていけばよいのでしょうか。

ヨガの知識や技術を身につける

ヨガインストラクターという職業は、国家資格など、なるために絶対に必要とされる資格があるわけではありません。

しかし、生徒さんに指導する立場に就く以上、ヨガについての正しい知識や技術を持っていることは不可欠です。

なお、ひとくちにヨガといってもその流派や種類はさまざまであり、ポーズや呼吸法もたくさんあります。

それらのすべてを短期間で覚えきるのは到底無理な話ですが、インストラクターを目指すのであれば、最低限の知識と技術を学ぶところからスタートしましょう。

ヨガインストラクターの学校やスクールに通えば、それらを効率よく、体系的に学ぶことができますし、本やDVD、インターネットを利用して独学することも不可能ではありません。

ほぼ未経験から働けるスタジオも

ヨガインストラクターの代表的な活躍の場は、ヨガスタジオやフィットネスクラブです。

このような場所では、指導経験者を積極的に採用するケースが多いようですが、なかには未経験者やほぼ未経験の人でも採用していることがあります。

その場合、社内研修を受けてスキルアップし、インストラクターとしてのデビューに向かうことができます。

異業種からの転職を考えるのであれば、自身でヨガについて学ぶと同時に、経験不問のヨガスタジオの求人を積極的に探してみるとよいのではないでしょうか。