ヨガインストラクターのやりがい・楽しさ・魅力

ヨガインストラクターのやりがい・楽しさ

生徒さんの心身の状態が良くなること

ヨガを学ぶ生徒さんの年齢層は、若い人から中高年まで幅広いものとなります。

ヨガを学ぶ目的も、美容やダイエットのほか、ストレスの解消・体質改善・内面の変化や充実までさまざまですが、週に2、3回のペースでヨガを続けていれば、やがて心身に変化が現れます。

生徒さんが喜んでくれるのは、その変化に生徒さん自身が気づいたときです。

習い始めて比較的早い段階でよく聞くのは、肩こりや背中のこり、腰痛などが改善されたという話です。また、身体が楽になり、冷え性や便秘などが改善されたという話もよく聞きます。

また、ヨガを続けていると「肩がこったな」「手足が冷たい」と感じたとき、できる範囲でヨガのポーズをとって、自分自身で解消できるようになります。

さらに、心の状態を整えることができるなど、内面の変化にもつながります。

こうした変化によって生徒さんの表情が明るくなり、いきいきとした姿を見られることが、ヨガインストラクターにとっての最大のやりがいでしょう。

ヨガの楽しさを伝えていけること

ヨガインストラクターになる人は、自分自身がヨガに興味を持ち、実践しているケースがほとんどです。

ヨガが大好きだからこそ、その魅力やすばらしさを多くの人に伝え、もっとヨガについて知ってもらいたいという思いも持つものです。

ヨガインストラクターはヨガのレッスンをメインに仕事をしていきますが、生徒さんと向き合うなかで、直接そうしたヨガの良い部分を言葉や行動で伝えることができます。

また、インターネットなどを使ってヨガの情報発信をすることで、まだヨガをよく知らない不特定多数の人にヨガについて知らせることもできます。

すでに日本でもたくさんの人に親しまれるようになったヨガですが、まだまだヨガの本当の魅力を知らない人も大勢います。

そのような人に向けて、本当のヨガの魅力を伝えていけることは、この仕事を通して感じられる大きなやりがいといえるでしょう。

ヨガインストラクターの仕事内容

ヨガインストラクターの魅力

ヨガインストラクターの魅力は、自分自身がヨガを究め続けていける点にあるといえるかもしれません。

ヨガは、古代インドで「解脱(束縛から解放されること)」を求める人たちの修行法だったように、とても奥の深いメソッドです。

真正面からヨガに取り組もうと思えば、つねにヨガのことを考え、心身の鍛錬を積む必要があります。

そのヨガを仕事にすれば、仕事の時間はもちろん、プライベートや趣味の時間も、つねにヨガのことを考え、実践することになります。

ヨガに本格的に取り組むと心身の状態が安定すると話す人が多く、自分の人生そのものを豊かに、穏やかに過ごしていくことができるはずです。

ヨガに詳しくなって仕事として生徒さんに教えるだけでなく、自分自身の状態もよくしていけることは、この職業に就いた人ならではの喜びといえるでしょう。