ヨガインストラクターとして活躍できる年齢は何歳くらいまで?

ヨガインストラクターは、50代以上のインストラクターも活躍しており、さほど年齢を問われない職業のひとつです。

しかし、身体を動かす以上、健康的であることは重要でしょう。

この記事では、ヨガインストラクターとして活躍できる年齢について解説します。

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

ヨガインストラクターに年齢制限はある?

ヨガインストラクターを目指すうえで、あるいは働いていくうえで、「年齢」の問題を心配する人は多いかもしれません。

しかし、ヨガインストラクターはさほど年齢を問われない職業であるといえるでしょう。

身体を動かす以上、健康的であることは重要ですが、若くなければできない仕事というわけではありません。

実際、40代以上の現役インストラクターもたくさんいますし、元気でしっかりと身体を動かせれば、50代以上になっても第一線で活躍することは不可能でありません。

ヨガを楽しむ人の年齢層も広がっている

ヨガというと、かつては若い女性を中心に親しまれているスポーツと考えられていましたが、最近ではヨガを楽しむ生徒の年齢層も広がっているようです。

たとえば「シニアヨガ」と呼ばれるように、高齢者を対象とするヨガも普及しています。

シニアヨガでは、椅子なども利用しながら無理のないポーズをとり、呼吸法を身につけて心身の調子を整えます。

高齢化が進むなかで、シニアヨガを指導できるインストラクターの需要は大きくなっています。

また、「マタニティヨガ」のように、妊婦さんを対象としたヨガもあります。

ヨガは、ホットヨガのように比較的激しく動く種類のものもありますが、リラクゼーションやストレッチなどに重点を置いて楽しめるものもあります。

若い人からお年寄りまで幅広い年齢層の人や、体力にさほど自信がない人でも親しむことが可能です。

したがって、ヨガインストラクターとしても正しい指導の知識や技術があれば、年齢を重ねて若いときほどの体力がなくなってきたとしても、続けていけるといえるでしょう。

ヨガインストラクターのキャリアパスは?

ヨガインストラクターは、正社員としてヨガスタジオなどに勤める人もいますが、ある程度の経験を積むと独立して

  • フリーランス
  • 自分でヨガスクールを開講

する人も多くいます。

とくに個人で仕事をする場合、生徒さんをたくさん集めてレッスンを多く受け持つほど、収入を増やしていけます。

また、インストラクターとしての経験やスキルをアピールできれば、生徒さんからもらうレッスン料をアップさせやすくなるでしょう。

あるいは、年齢を重ねると、ヨガインストラクターを育てる講師業を中心に行っていくような人もいます。

ヨガインストラクターの場合、年齢が上がれば自然と給料が上がっていく「年功序列」の要素はあまり強くないため、同じ職場に勤め続けても大幅な収入アップは期待しにくい面があるとされます。

しかし、スキルアップするための努力を続けることで、独立して自分の理想通りの働き方を実現し、生涯にわたってヨガインストラクターとして活躍していくことも可能です。

ヨガインストラクターとして活躍できる年齢のまとめ

ヨガインストラクターはさほど年齢を問われない職業であるといえるでしょう。

「シニアヨガ」と呼ばれるように、高齢者を対象とするヨガや、「マタニティヨガ」のように、妊婦さんを対象としたヨガもあります。

経験やスキルをアピールできれば、生徒さんからもらうレッスン料をアップさせやすくなり、年齢を重ねるとヨガインストラクターを育てる講師業を中心に行っていくような人もいます。