ヨガインストラクターの求人・募集状況・就職先選びのポイント

ヨガインストラクターの就職先・働き方はどんなもの?

ヨガインストラクターの就職先や働き方は多岐にわたっています。

大きくは、以下のように分けることができます。

1.ヨガの専門教室(ヨガスクール・ヨガスタジオ)
2.スポーツジム・フィットネスクラブ
3.地域のカルチャースクール
4.伝統的なヨガ教室
5.独立・開業(フリーランス)

このうち、ヨガインストラクターの求人が多いのがヨガの専門教室です。

また、ヨガ人気の高まりとともに最近ではスポーツジムやフィットネスクラブでもヨガのレッスンを開催するところが増えています。

なお、このような施設では、正社員やパート社員のような雇用形態で働く人がいる一方、フリーランスで業務委託契約を結んで働いている人も多くいます。

その場合、「1レッスンあたり〇〇円」という報酬の契約を結び、担当レッスンの指導をします。

フリーランスの場合はひとつの勤務先での仕事に限定することなく、複数のヨガスクールなどを掛け持ちしたり、自宅でレッスンを開いたり、あるいは外部のイベントでパフォーマンスをしたりするなど、幅広い活動をする人も多いようです。

ヨガインストラクターの勤務先と仕事内容の違い

ヨガインストラクターの求人の状況

正社員としての採用はあまり多くない

ヨガインストラクターは、正社員としての募集はあまり数が多くないようです。

多くの場合、正社員としてヨガインストラクターを募集しているのは大手のヨガスクールです。

大手ヨガスクールでは、未経験者でも社内研修でインストラクターとして養成してくれるところもあります。

このような場への就職は、インストラクターになるための近道といえるかもしれません。

このほか、フィットネスクラブやスポーツジムのトレーナーとして正社員になり、その後でヨガインストラクターになるという方法もあります。

「正社員」という立場を重視するのであれば、ヨガスクール以外にも範囲を広げて、スポーツジムなどへの応募を考えてみるのもよいのではないでしょうか。

そして、入社後にヨガスクールでインストラクターになるための勉強をすれば、キャリアアップにもつながるでしょう。

フリーランスで働く人は多数

ヨガインストラクターの求人では、その大半が独立して個人で仕事をするインストラクターを対象としています。

つまり「フリーランス」として、「業務委託契約」を結んで仕事をする形です。

この場合、ヨガスタジオやフィットネスクラブで「1時間程度のレッスンを1本あたり〇〇円」という形で報酬を得る働き方になります。

ヨガスタジオの数は年々増えていますから、インストラクターとして高い人気を得ることができれば、たくさんレッスンをこなすことができます。

また、人気のあるインストラクターは一般募集を通さずに、直接スタジオから指名で依頼を受けることが多くなります。

そこまでくれば、レッスン料金も高くなり、よりよい収入が確保できるでしょう。

ヨガインストラクターの就職先の選び方

ヨガ人気はいまだ衰えておらず、ヨガインストラクターを求めているヨガスタジオやヨガスクールは多くあります。

就職先を探す際には、一般的な求人サイトのほか、ヨガやフィットネス専門の求人サイトを利用すると便利でしょう。

しかし、そのような求人サイトに掲載しているヨガスタジオやヨガスクールは、ごくわずかとなっています。

少し手間はかかりますが、それぞれのヨガスタジオやヨガスクールのホームページにアクセスして、その中の採用情報をチェックすれば、より多くの求人を見つけることができるはずです。

なお、ヨガスタジオやヨガスクールは全国各地にありますが、それぞれ規模も異なれば、給料や待遇もだいぶ異なるようです。

また、指導スタイルや、扱うヨガの流派や種類なども異なるため、自分の希望を明確にして、求人を探していくとよいでしょう。

ヨガインストラクターの志望動機・面接

ヨガインストラクターを目指す人は、その大半がヨガ経験者であるため、志望動機を考える際には「自分とヨガの関わり」から話をまとめていくとよいでしょう。

しかし、そのときに気を付けたいのは、ヨガのレッスンを受ける生徒の立場と、ヨガを教えるインストラクターの立場では、ヨガへの向き合い方や考え方も異なってくるということです。

「ヨガが大好き」という気持ちを伝えることは大事ですが、ヨガインストラクターとして何を目指していきたいのか、どのようなヨガインストラクターになって活躍したいのかなど、教える立場としての将来像をイメージできるような志望動機にするとよいでしょう。

また、ヨガインストラクターの採用試験では、面接のほか、模擬指導なども実施されることが多くなっています。

事前に練習をしておくことはもちろんですが、明るく元気に、ハキハキと自信をもって動いたり、会話をしたりするように心がけることが重要です。

ヨガインストラクターの志望動機と自己PR・面接で気をつけるべきことは?