スポーツインストラクターへの転職・未経験からなるには?

スポーツインストラクターは体力的にも長く働けない仕事のため、年を重ねてから転職する人は多くありません。

しかし、たとえスポーツが未経験だとしても、体を動かすのが好きという気持ちとやる気さえあれば、比較的就職がしやすい職業です。

この記事では、スポーツインストラクターへの転職・未経験からなるために必要なことについて解説します。

スポーツインストラクターへの転職状況は?

スポーツインストラクターへ転職するという人は、それほど多くはありません

スポーツインストラクターは体力的にも長くできる仕事ではないため、年齢を重ねてから転職へ踏み切るという人が少ないからです。

ただし、スポーツインストラクターとして採用されたのち、経験を重ねて運営やインストラクターの指導など別な業務に移る可能性もあるため、決して年齢を重ねたからといってスポーツインストラクターを目指せないわけではありません。

また、就職時にしっかりと研修を受けることが多く、はじめは受付やお客様対応などからはじめる施設も多いため、たとえスポーツが未経験だとしても「体を動かすのが好き」という気持ちとやる気があれば比較的転職はしやすいといえます。

スポーツインストラクターへの転職の志望動機で多いものは?

スポーツインストラクターへの転職理由で多いものは

  • 体を動かす仕事がしたい
  • 自分の好きなことを仕事にしたい

という思いです。

また、社会人になってからスポーツクラブなどのスポーツ施設を利用するようになり、実際にスポーツインストラクターの仕事に触れて魅力を感じたという人も少なくありません

スポーツインストラクターの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

未経験・社会人からスポーツインストラクターになるには

未経験・社会人からスポーツインストラクターを目指す場合、以下の3つのルートが考えられます。

未経験・社会人から目指す場合のルート
  1. 大学や専門学校でスポーツや健康・保健について学び、その後転職する
  2. スポーツトレーナーをはじめとした資格を取得する
  3. 実際にフィットネスクラブやスポーツジムで働く

まず1つは大学や専門学校でスポーツや健康・保健について学び、その後転職するルートです。

スポーツ理論のほか、人体に関することや応急処置なども学べるため、卒業後はスポーツインストラクターとして即戦力で活躍できるでしょう。

2つ目は、スポーツトレーナーをはじめとした資格を取得することです。

進学が難しい人や、独学で勉強したいという人におすすめです。

民間資格の中には学歴に関係なく取得できるものもあり、資格を取得することで就職の際も有利になりやすいでしょう。

3つ目は、実際にフィットネスクラブやスポーツジムで働くことです。

アルバイトなどの場合、経験がなくても比較的容易に就職しやすいため、実際に働き先輩インストラクターの仕事ぶりを見ながら少しずつ経験を身に付けていけます。

スポーツインストラクターへの転職に必要な資格・有利な資格

スポーツインストラクターは特別な資格がなくても仕事ができます。

スポーツインストラクターに関する主な資格としては、日本体育協会認定「スポーツ指導者」の「指導員」、日本トレーニング指導者協会の「トレーニング指導者」などがあります

自分がどのような分野で活躍したいのか、どのようなスポーツを極めたいのかによって資格はさまざまあるため、自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

スポーツインストラクターへの転職に役立つ職務経験は?

スポーツインストラクターに転職する際、何といっても役に立つのは接客経験です

スポーツインストラクターが利用者に指導したりアドバイスしたりすることも、広い意味で接客の一部です。

相手に対し

  • どのようなアプローチをすればよいか
  • どのようなコミュニケーションが効果的か

などわかるような人が、スポーツインストラクターに向いているといえるでしょう。

スポーツインストラクターへの転職面接で気をつけるべきことは?

スポーツインストラクターという仕事は決して楽な仕事ではないため、面接では本気度を問われます。

「なぜこの業界で働きたいと思ったのか」「なぜスポーツインストラクターなのか」は必ず問われる質問のため、これまでの経験や将来像を踏まえたうえで、しっかりと答えられるようにしておくことが大切です。

スポーツインストラクターに転職可能な年齢は何歳くらいまで?

スポーツインストラクターは、おもに20代から30代が活躍する仕事です。

年齢を重ねると、体力的にも仕事を続けるのは難しいため、運営や管理に回ったり、スポーツインストラクターの指導者になったりと立場を変えて働くのが一般的です。

スポーツインストラクターとして現場で働きたいと思うのであれば、早いうちに転職を決め動き出した方が無難でしょう。

未経験からスポーツインストラクターの転職での志望動機

まったくの未経験からスポーツインストラクターを目指す場合は、やる気や情熱をアピールすることが大切です。

施設によってはまったくの未経験からでもスポーツインストラクターを目指すことはできますが、何よりも大切なのは本人のやる気やスポーツインストラクターに対する情熱です。

できるだけ具体的なエピソードを交えて話せるようにしておきましょう。

またスポーツインストラクターの面接では人柄も問われるため、しっかりと受け答えができ、コミュニケーションがとれるか、見た目の印象はどうかなども大きく合否に影響します。

まったくの未経験の場合は、やる気と共に社交性や明るさをアピールすることも大切です。

スポーツインストラクターへの転職のまとめ

スポーツインストラクターへ転職するという人は、体力的にも長くできる仕事ではないことからそれほど多くはありません。

未経験からスポーツインストラクターを目指す場合、大学や専門学校でスポーツや健康・保健について学びます。

その後転職する・スポーツトレーナーをはじめとした資格を取得する・実際にフィットネスクラブやスポーツジムで働くといったルートが考えられます。

できるだけ志望動機は、具体的なエピソードを交えて話せるように準備しましょう。

まったくの未経験の場合は、やる気と共に社交性や明るさをアピールすることも大切です。