ヨガインストラクターの資格

資格は絶対に必要ではないが、持っている方が有利

ヨガインストラクターになるための公的な資格はありません。そのため、誰でも、いつでも「ヨガインストラクター」を名乗ることが可能です。

現在、多くの民間資格が設けられていますが、それらの資格がなくてもヨガ教室で教えることはできます。

ただし、ヨガ教室やスタジオでヨガインストラクターとして働こうと思えば、民間資格をもつ方が有利です。資格があれば、ひと通りの訓練を受け、最低限の知識をもっていることの証明になります。

何の知識も経験もなくヨガの指導ができるはずもありません。指導者となる以上は、ヨガそのものの知識や技術に加え、他の人への指導方法を身につけることが必要です。

アメリカのヨガ協会が認定する「全米ヨガアライアンス」

ヨガインストラクターの資格のうち、最も有名なのは「全米ヨガアライアンス」と呼ばれる資格です。日本で働くヨガインストラクターのほとんどは、この「全米ヨガアライアンス」の資格をもつといわれています。

「全米ヨガアライアンス」は、アメリカのヨガ協会が認定するヨガインストラクターの資格です。

取得するには、同協会で認定されたヨガスクールや指導者から200時間、または500時間のコースを受講する必要があります。受講後、申請すれば認定書が発行されます。

日本にも認定スクールがあり、それらのスクールに通えば、資格を取ることができます。この資格があれば、日本も含め、世界50ヵ国以上でヨガインストラクターとして指導できます。

国内の主なヨガインストラクターの資格

「全米ヨガアライアンス」以外の資格には、以下のようなものがあります。

一般社団法人全日本ヨガ協会(AJAY)のヨガインストラクター資格

AJAYの認定校で各コースを修了すると、受験資格が取得できます。そして、試験に合格すると公認インストラクターとして認定されます。3級〜1級まであり、2級以上でAJYA認定の教室を開設できます。
全日本ヨガ協会(AJAY) ヨガインストラクター資格

社団法人日本ヨガインストラクター協会(JYIE)

JYIEの認定校でスクールレッスンの各プログラムを修了すると、認定試験の受験資格を得ることができます。そして、試験に合格すれば、ヨガインストラクターとして公認されます。

JYIEが承認、指導する教室の主宰者になることもできます。
日本ヨガインストラクター協会 JYIA認定資格

国際ボディメンテナンス協会(IBMA)が発行するヨガインストラクター資格

ヨガのポーズとインストラクションの基本から、姿勢分析や姿勢改善ストレッチテクニックまで身につけると取得できる資格です。
国際ボディメンテナンス協会(IBMA) ヨガインストラクター資格取得コース

J-YOGA(ジャパンヨガカレッジ)認定のヨガインストラクター資格

J-YOGA認定の講座を修了すると、2級資格が認定されます。ジャパンヨガカレッジの公認インストラクターとして登録されます。
J-YOGA(ジャパンヨガカレッジ) ヨガインストラクター養成講座

海外の主なヨガインストラクター資格

インド中央政府公認のヨガインストラクター資格

日本では、インドのヴィヴェーカナンダヨーガ研究財団と日本のヨーガ・ニケタンが共同で養成講座を開催しています。

養成講座は約1年(月1回、全10回)のコースで、ヨガ・セラピスト養成講座は2年(月1回 全20回)のコースとなっています。

どの資格がよいか?

どの資格をとるべきかは、どのスクールを選ぶべきかと同じ問題です。

・自分が好きな流派、種類のヨガか
・インストラクターの育成経験が豊富か
・少人数で教えてくれるか
・ヨガの指導方法を詳しく教えてくれるか

これらのスクール選びの条件に加えて、「人気がある流派かどうか」も大事な条件です。インストラクターとして、長く仕事をしていくのですから、生徒を集めるためには、人気のある流派の方が有利となるでしょう。