ヨガインストラクターになるには

ヨガインストラクターに資格は必要?

現時点では、日本国内でヨガインストラクターに関する国家資格はありません。

特別な学校を出ていなければ就けない職業でもありません。

したがって、誰でも、いつでも、ヨガインストラクターになることができます。

「私はヨガインストラクターです」と宣言してしまえば、あなたもヨガインストラクターの仲間入りです。

しかし、ヨガに対する十分な知識や経験がなければ、どこのヨガスクールもスタジオも、ヨガインストラクターとして雇ってはくれないでしょう。

また、自分でヨガスクールを開業しても、ちゃんとした指導ができなければ生徒は集まりません。

ヨガを生徒に教えるには、当然のことですが、しっかりとしたヨガの知識と十分な経験が必要です。

ヨガについて学ぶ方法

ヨガインストラクターになるには、自らがヨガを実践するとともに、養成講座などを受講して基礎的な知識やスキルを身につけることが不可欠です。

ヨガについて学ぶ方法は、大きく分類すると2つあります。

1.ヨガインストラクターを養成するコースを受講する
2.通信講座で必要な知識を学ぶ

1番の養成コース受講の場合、どのヨガスクールを選ぶかで指導内容が異なってきます。

ヨガには多くの流派があります。自分がどのようなヨガを教えたいかを具体的に決めて、慎重に選ぶようにしましょう。

2番の通信講座の場合は、自宅にいながらヨガを学べるので手軽ではあります。

しかし、他の人に指導するためには、実際にヨガの先生がどのような教え方をしているかを参考にしたいものです。

時間がない方にとって、通信講座は便利ですが、できるだけヨガスクールにも通って指導現場を見ておくのが望ましいでしょう。

これらの講座を受けて認定試験に受かると、ヨガインストラクターの資格を得ることがきます。

ヨガインストラクターの資格は、民間のものがいくつかあります。最低でもどれか一つの資格を取得することが、ヨガインストラクターへの近道です。

ヨガインストラクターの資格

働ける場所を探す

ヨガインストラクターの大半は、ヨガ専門のスタジオやスポーツクラブ、地域のカルチャースクールなどで仕事をしています。

こうした場所におけるインストラクター募集の求人を見つけて、応募することで、インストラクターとして働く道が開けます。

なお、インストラクター業を専業とする人のほか、他の職業と兼業している人もいるようです。

たとえばセラピストやダンサーなど、身体に関わる他の仕事とヨガインストラクターの2つの顔を持っている人も珍しくありません。

ヨガインストラクターに必要な知識

ヨガは、もともと心身の修行法です。

さまざまなポーズを取りながら呼吸法を行いますが、それぞれのポーズや呼吸法の意味を知らなければ、効果的にヨガを実践することも、教えることもできません。

さらに、ヨガを通じて生徒たちの心や身体の奥深いところまで影響を与えようと思えば、解剖学や生理学といったことから、「心とは何か」「幸せとは何か」といった哲学的なテーマまで、幅広い知識を身につけておくことが必要です。

ヨガインストラクターに必要なスキル

ヨガインストラクターに求められるスキルには、次のようなものがあります。

・ヨガを行う前のウォーミングアップ法
・バリエーション豊かなポーズを正確に作る方法
・正しいポーズに誘導するための説明や補助の方法
・ヨガの呼吸法
・コミュニケーション能力

ヨガやその指導に関する知識や経験の豊富さが、ヨガインストラクターには強く求められます。

また、もし自分で生徒募集を行い、ヨガ教室を運営するのであれば、経営者としての知識や能力も必要になります。

ヨガインストラクターに求められるもの

まず、自分自身がヨガを好きなことが大前提です。

「好きこそ物の上手なれ」ということわざもありますが、指導する立場として、継続的にヨガのスキルを向上させていく姿勢は大切です。

ヨガが好きな人は、普段から美容や健康に対する意識が高いという傾向があります。

そんな生徒さんにヨガを教えるのですから、自分自身も日常的に美容や健康に気をつけて、健やかな生活をする必要があります。

「先生のようになりたい」と生徒が思ってくれる、そんな美しいスタイルや姿勢を維持するように心がけたいものです。

そのほか、インストラクターは1日に何回もヨガの指導を行うため、柔軟性だけでなく、持久力や筋力なども求められます。

加えて、生徒にヨガのすばらしさを伝えるという熱意、コミュニケーション能力も大事なスキルです。